決勝トーナメントもラッキー

あたしには激烈な強運で勝ち上がってるようにしか見えないが、
それはあまりにも新しすぎるやり方をあたしが理解できていないだけで、
実は運などという不確定要素による物ではなく、チームワークという確実な実力による物らしい。
データ的にはよその国より試合中に走る距離が長く、
前の人間も走って後ろに戻り、後ろの人間も走って前に上がる、ポジションにとらわれないスタイルだ。
もちろん守備時は一応ゾーンがあって受け渡しもするが、人が足りなければ何人でも追い、
空いてるところは誰でもカバーに走らなければならない。
何年も前から日本はFWが点数を決められないことを嘆いてきたが、
日本代表のサッカーではFWは点数を決める人ではなく、単に最もゴール近くで守備をする人だ。
ゴール近くで守備をしていれば、攻撃時にも最前線で参加する確率が高い事になるが、
役割はシュートとか得点より、ファウルを貰う事、囮になる事などの方が重要っぽい。
決定力不足を嘆いているのは我々ニワカ連中ばかりで、こういうスタイルで勝つんだと納得させられる。
強運と呼ぶにはあまりにも強運続きで、そろそろ運ではなく実力だと納得せざるを得ない。



それにしても決勝トーナメントの組み合わせも、南米抜きのグループリーグに続いて日本にはラッキーだ。
まだ南米勢とあたってないのは絶対ラッキーだったし、ブラジルでもアルゼンチンでもチリでもなく、
南米勢の中で唯一対抗できそうなパラグアイだってのは、決勝トーナメントにしては相当ラッキーだろう。
あたしは日本のスタイルについて行けてないので、間違いなくパラグアイには負けると思ってるが、
運ではなくスタイルを確立してここまで勝ってきたんだという証明は、まさにパラグアイ戦にかかっている。
あたしに言わせれば運が良ければだが、監督や選手達に言わせれば実力で勝てる相手のはず。
そしてなんと言っても、次の準々決勝がスペインかポルトガルだってのが究極のラッキーだ。
あたしはパラグアイに負けると思ってるけど、パラグアイに勝てるならヨーロッパの強豪なんて楽勝だ。
ヨーロッパのサッカーは日本のサッカーに対応しきれず、誰も活躍できずに自滅する。
FIFAランクとかスター選手とか一切関係なく、日本とやると互角レベルまで落ちてくる。
で、あり得ないとは思うけど、ラッキーなトーナメントで二勝すると、目標のベスト4は達成される。
恐ろしいことだが、少なくともここまで運だけは圧倒的に味方している。

ベスト4に行くと準決勝なのだが、上がってきそうなのは日本が勝てそうもないアルゼンチン。
ドイツかイングランドが来たらまたしてもヨーロッパでラッキーだが、そこまではさすがにないだろう。
別に日本人にとっては日本が決勝まで行ってもいいけど、全世界的にそんなW杯はつまらんだろうから、
いくら新スタイル確立の瞬間とは言え、ベスト4ぐらいで負けてちょうど良い。
そろそろ勝ちすぎも申し訳ないと思って良い頃。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。