変わる日本を見てみたい

1493 letters | 663 views | コメントする

不満と不安という言葉が一人歩きし、いろんな人が言ってて流行になっている。
しかし、別に自民に不満があるとか民主に不安があるとかではなく、
現状に不満があり、変革に不安があるという、ごく当たり前のことなんだと思う。
何か変わるなら別に自民党でもよく、小泉の時、自民党が変わりそうだったから票が入った。
その頃からずっと、現状に不満があって何か変わって欲しいという民意は高いままだ。
で、変わるって言っても、良い方に変わるとは限らないわけで、だから変わるのは不安で当たり前。
別に民主党だけ不安な党ではなく、世の中が大きく変わるならどこの党でも不安であり、
不安が大きいと言うことは、不安なほどに大きく世の中が変わると思っているわけだ。
社会党や共産党なら不安がないわけじゃなく、民主一人勝ちよりは変化が少ないだろうと思ってるのだ。
わかっていてすり替えて言ってるのか、テキトーに言ってるのか知らんが。



あたしは不動産屋なので、不動産屋の収入をキッカリ半分にすることを検討中の民主党が勝つと、
他の法律がどうであれ、その一件だけで職を失う可能性があるので、なるべく負けて欲しい。
しかし世論調査では圧勝が予想されていて、どうやらもう覚悟するしかないようだ。
逆に人ごとと思っていれば、どんなにメチャクチャだったとしても、大きく変わる日本を見てみたい。
小さな変化ではなく大きな変化を見てみたいし、そのためには民主のプチ勝利ではなく大勝利が必要だ。
だから、まぁ確かに民主党が勝つと個人的には大変だが、面白いからドンドンやれと期待はしている。
日本が大きく変化すれば国民も大きく変化しなければならず、変化に対応出来ない人も多くいて、
当然、不動産屋に限らず職を失う人は大量に出るだろうし、新たな職に就けない人も出てくるから、
確かに大きな変化は不安だけれども、人ごととして本当に大きな変化はして欲しい。
親戚は郵政関連施設で働いていたが、小泉改革で職場が消失して新たな職についているが、
その人は優秀だからそう言うことが出来たけれども、あたしは無能で資格だけに頼る不動産屋だ。
これすら出来なくなったらニートまっしぐらかも知れないが、それでも変わらないよりマシだろう。

今回の変化で希望を失い、あとから民主党にだまされたって言う人が、小泉改革の時より多くなるだろう。
でも、変化することもあるのだと言うことが、将来の希望につながるのは間違いない。
変化はないんだからとりあえず公務員になっておけば安心だっていう日本じゃつまらないじゃない。
むしろ、今は一時的に希望のない人を増やしても、将来に希望を持つ人を増やせるはずだ。
どう変わるかはわからないけれど、たとえ悪い方に変わっても、変わらないより変わる方が希望がある。

こうなったら、もう独裁政権並みにムチャクチャに変えれるところを見せて欲しい。
遠慮して大して変わらないとか、変えれないとかはナシでよろしく。
憲法全面刷新するぐらいの勢いが欲しいわ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。