摂取タイミング変更

DNSのサプリメント最前線と言うのを読んだら、プロテインとアミノ酸の事がいろいろ書いてあって、
いくつか気になったり考えたりした。



まず、プロテインとアミノ酸の違いは非常に小さい物だというスタンスで書かれている事が気になった。
プロテインは消化しなければいけないから吸収に時間がかかると言う違いくらい。
安いからこそプロテインを飲むが、アミノ酸が安ければアミノ酸でもいいかのような印象。
運動前も運動後も食感も全部アミノ酸でもいいのに、アミノ酸は高いから、
即吸収が必要ではない状況では安いプロテインで代用してるだけのような書き方だ。
ただし、ここで言うアミノ酸はどのアミノ酸とは書いてないので、
比較するプロテインと同一比率で混合されたアミノ酸でという事だ。
BCAAやグルタミンだとまた多少話が変わる。

それと、あたしはプロテインの多量摂取は怖いのだが、ガンガン飲んでも大丈夫というスタンス。
消化等で内臓に負担は増えるが、それはプロテイン特有の副作用ではなく、
食べ過ぎそのものを警戒するのと一緒なんだって。
むしろアミノ酸の方が、飲み過ぎると下痢する人がいるとか書いてあった。

で、一番気になったのは、アミノ酸とプロテインと、どっちかにしぼるならどっちがいいかって言う話。
結論は、プロテインが不足してればまずプロテイン、十分ならアミノ酸がいいとの事。
DNSとしては、プロテインは食事で十分に摂取できないのでまずはプロテインっていうスタンス。
石井氏はプロテインは不足しないのでアミノ酸、特にBCAAだけでいいというスタンス。
なるほど、これでなぜ疑問だったところが解決した。
プロテイン屋がプロテイン不足を説くのは当然だが、あたしは肉食だからおそらく食事だけで十分だと思う。
昨日はカツ丼、今朝はエビと明太子、昼は白身フライとホタテ、毎食牛乳かヨーグルトも食ってるし、
これでタンパク質不足だったら煮物とかサラダとかで生きてる人はどうなるんだって思うよ。
それでもプロテインが好きで一日一回飲む事にしたので、二回飲むくらいだったらBCAAにするわ。

朝は、起床直後BCAA、筋トレ、朝飯なのでプロテイン省略でバッチリ。
夜は、夕飯、休憩、筋トレ、プロテイン、ダンスなのだが、これはバッチリじゃないけど仕方なくだ。
夕飯食べた後しかできないので、夕飯の栄養で筋トレ前のBCAAを省略しているが、
それじゃダンスまで保たないかも知れないから筋トレ後プロテインなんだが、
本当は全部終わってからプロテインにすべき。
夕飯前に筋トレもダンスもやっちゃうべきだが、そこまで自由にはなれない。
出来る範囲でバッチリにするなら、夕飯、休憩しつつ時計を見てBCAA、筋トレ、ダンス、プロテインだ。
でもそれじゃ一日一回の予定で買ったBCAAを二回にしなきゃいけないんだよな。
それでも一日トータルのコストは90円から125円にアップする程度だし、まぁいっか。
粉を大量に買ったから気持ちまで贅沢になってるな。

どうも最近は、プロテインを減らす事よりBCAAを減らす事の方が不安なので、
筋トレ前は必ずBCAAを摂取すると言う事でまず一日トータル70円はガチ。
プロテインは摂取やめてもいいくらいだが、おいしいからおやつとして55円なら納得できる。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。