脂肪肝2009

2323 letters | 732 views | コメントする

あたしは健康診断をすると、必ず脂肪肝だけ引っかかり、あとはわりと健康だ。
胃炎で医者に行っても、検査すると胃より肝臓の事を言われる。
で、その時必ず、酒飲みすぎてないかという聞かれ方をするんだよな。
あたしが酒を飲むのは月に一回、イベントがあれば月に二回程度だ。
酒がおいしいという味覚を持っていないので、それ以上を自発的に飲むという事はない。
それを言うと、どこの医者もそれ以上聞かず、肝臓の治療をしろと言う事も言わないし、薬も出ない。
脂肪肝は肝機能障害であり、脂肪肝じゃない状態より肝臓の働きが悪くなっている。
だから、治療できるなら治療した方が望ましいのに、治療しろって言われた事もない。
肝臓は沈黙の臓器であり、悪くなっても自覚症状もないから、気にならない人は気にならないだろうが、
あたしの場合は、いつも酒飲み過ぎって言われるから、
飲んでなくても飲んだのと同じ症状が慢性化してると思うと、すごく不健康な気がしてくる。
何にも自覚症状がなくても、今もアル中みたいな健康状態だと思うと、不安でならない。



昨年は数ヶ月間、毎日ウコンの力5杯分のクルクミンを錠剤で摂取してみた。
しかしクルクミンは、アルコール性の脂肪肝にだけ効くらしく、それ以外の脂肪肝には効かないらしい。
それ以外ってすなわちデブなのだが。
デブは体中に脂肪が付くから、肝臓にも脂肪が付くわけで、
いかにクルクミンでも、肝臓だけの部分やせ見たいな事は実現不可能って事だ。

改善にはダイエットしかないのだが、あたしはダイエットをする気が一切ない。
運動してカロリー消費する時間なんてないし、食べたいものを我慢する気にもなれない。
全く歩かないし歩く必要がないし、わざわざ歩く事を目的に時間を作る事も出来ないのに、
歩いてる人と同じような食事をしていたんじゃ、そりゃ脂肪も貯まるさ。

ともかく、運動で脂肪肝を改善する事は完全に不可能である。
食事に関しては、食べ残して良いなら楽勝にダイエットできる。
あたしは食べ物の好みがデブ風なのに、食べる量が女風だ。
たとえば霜降りのサーロインステーキが食いたいけれど、2キレとご飯半分でちょうど良い。
カップヌードルやどん兵衛が好きだが、多すぎるからミニのを買ってきたりする。
しかも、よく「腹八分目」とか言われるが、あたしは味見が好きで満腹は嫌いだ。
腹3分目でも足りる。
だから、減らして良いなら食事を減らすのが、あたしには一番合っている。

食欲が量ではなく好奇心として働いている。
量を詰め込めばなんでも良い人もいるだろうが、あたしは量ではなく、いろいろ食べて味見したい。
珍しいものとか気に入ってる物とか、いろいろ食べたいのに胃袋が小さいので、
まずい物を胃袋に入れるのはスペースがもったいない。
有限な食事回数の一回がまずい食べ物で消費されるのももったいない。
そのくらい、いろいろ食べたい癖に小食で困っているから、量を減らすのは大歓迎だ。

しかし、たとえば外食に行って、うまいのに半分以上残して帰ってくるとかいうのは無理だろ。
じゃぁ家族で行って一杯のかけそばしようぜってのも無理だろ。
半分下さいってのも無理だろ。
あたしの胃袋はおにぎり一個で満足するが、カツ丼とかラーメンとかも食いたいぜ。
いろいろ食いたいけど、量を減らすって事は、メニューも限定するって事にどうしてもなっちゃうんだよ。
食いたいものを我慢したくないので、しかたなく、多いけど一人前を食べるしかないんだよ。
だから、食事の量を減らす事で肝臓の改善というのも、実質的に無理だ。

それで、最近やってる筋トレ関連の本を見ると、基礎代謝を上げれば痩せるとか書いてある。
しかし、基礎代謝を上げるには筋肉をつけなきゃいけなくて、筋肉をつけるためにプロテインを摂取すると、
普段と同じ食事量じゃプロテインの分だけ多くカロリーを摂ってる事になるんだよね。
しかも、筋トレ自体ではあまりカロリーを消費してないから、脂肪肝はどちらかと言えば悪化する。
面白がって筋トレし、しかもプロテインを半年分くらい買っちゃってるが、肝臓だけが気がかり。

一応、アルコール性でない脂肪肝は、医者が治療しろって言わない程に、たいしたことないようだ。
でも、機能が低下した状態である事は間違いないので、どうにかしたい気持ちはある。
基礎代謝をいっぱい上げて、好きなものを一人前食べてもよくなるしかないのだろう。

つーことで、当初、筋トレの目標は足腰の健康維持だったが、それじゃ具体性がないので、
数字で基礎代謝をアップしていこうという目標も掲げていきたい。
今のところ、ヘルスメーターでは1620だったかな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。