担々麺の話

1334 letters | 694 views | コメントする

今年の初め、スーパーで市販の鍋用ストレートスープを買ったのだが、それが坦々風だった。
その時点で、担々麺がどういう物かも知らなかったが、そのスープはラーメン風だった。
その後、コンビニでエースコックのカップ麺で担々麺を食べたが、これが割とおいしかった。
しばらくして、日清でも担々麺が出ていたので食べたが、エースコックには及ばないものの、まぁいける。
マルちゃんの担々麺をスーパーで見かけるが、マルちゃんだからしばらく買わなかった。
ところがある時、オイルショックの影響か、日清全品158円、マルちゃん全品98円になっていて、
さすがにこれだけ差が出ると、味は度外視してマルちゃんを買ってみたのだが、やっぱりマズかった。
マズいのはマルちゃんだからであって、それ以外の担々麺は結構気になるようになった。
担々麺というものがどういう物かも良くわかってないながら、担々麺の存在自体は気になる。



という所で、先日、初めて行った店で担々麺を食べたら、すごくおいしかったのでリピーターになろうと思う。
すったゴマが大量に入っていて、スープが赤い割には常識的な範囲の辛さで万人向け。
個人的には太麺が好きなので、細麺に物足りなさは感じるが、それを補ってうまいと思った。
ここの姉妹店にはしょっちゅう行くが、そっちには担々麺がなく、ネギラーメンばっかり食べていた。
ネギラーメン以外のラーメンを注文してみたらどれも野菜が大量に入っていて好きになれず、
そこの店に行ったらネギラーメンだと決めていたわけだ。
で、今回は初めて姉妹店じゃない方に行ってみたらネギラーメンがなかったので、
気になる担々麺を食べてみたらすごくおいしかったと。

あたしはそもそも、担々麺ってなんなのか、タンメンとかカントンメンって何なのかも知らなかった。
知らなかったのでググって調べたら、中国風とか日本風があることを知った。
さらに、昨日はキン肉マンの単行本を読んだら、ちょうどその調べたことが書いてあって、
その、キン肉マンを読んでから調べたんじゃなく、調べたその日に偶然キン肉マンに書いてあったんだよと、
それを誰かに言いたくてしかたなくなったのだが、誰かがそれを聞いても別に喜ばないだろうし、
しょうがないから、自分用チラシの裏でもある、この場所にでも書いておくことにした。

そういう偶然が起るというのは、もしかして担々麺は流行ってるという事なんだろうか。
流行ってるからカップ麺が各社から発売され、キン肉マンにも登場したんだろうか。
いや、あたしは単行本しか見てないから、流行ったのはちょっと前という事になるだろうか。
オリンピックがあるからか。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。