自民党をぶっ壊す

1391 letters | 780 views | コメントする

民主党というのは今のところ、自民党にイチャモンを投げるだけの無力な存在でしかない。
政権を取って何かやったという実績はなく、もし政権交代しても、自民党と同じかも知れない。
例えば共産党とかが支持されるのならば、政策の方向性でハッキリと違いが出るわけだが、
大して変わらない民主党の支持というのは、すなわち自民党の独裁に対する反抗に他ならない。
民主党を支持する理由が、政策ではなく、二大政党制による切磋琢磨を目的とするものだとするならば、
それは、自民党も民主党も嫌いで、本当に支持したい政党がないって事だよ。
今はダメでもせめて将来どっちかに頑張って欲しいということだよ。
自民党の支持率が下がっているが、自民党不支持率をそのまま民主党支持率だとは見れない。
むしろ、政党政治そのものへの支持が失われていると思わなきゃ。



そこで思い出される、どうして小泉元首相に人気が出たのかという事だが、
やっぱり、自民党をぶっ壊して欲しいのが、当時からずっと一貫した民意なんだよ。
いま、民主党が自民党をぶっ壊しそうだから、選挙をやっても勝てるんだよ。
今まではどうせ選挙をやっても自民党をぶっ壊すことが出来なかったけど、
これからは、選挙で自民党をぶっ壊すことが出来るんだと、みんな気がついたんだよ。

小泉を応援する理由が郵政民営化なのではなく、応援したい小泉が郵政民営化と言ったから、
じゃぁそれを受け入れようと言うことで世の中が動いたのであって、
その応援したい理由をさかのぼって考えるならば、やっぱり自民党をぶっ壊したいんだと思う。

本来、与党をぶっ壊すのは野党の役目であり、それでバランスを取ってきたにもかかわらず、
与党のトップが与党をぶっ壊すと発言したことで、野党の存在感は一気になくなった。
与党をぶっ壊したい人でさえ、野党よりも与党のトップを支持した。
それほどまでに信頼されていない、野党第一党の民主党だが、今はかけてみようと思われてるんだな。

本当は民主党もぶっ壊したい。
小沢を信用する人間なんていない。
でも、その前に自民党をぶっ壊したい。
民主党に政権担当能力なんてないと思うが、自民党に政権担当能力があるかと言えば、やはりない。
どっちにしろ支持したくない政党に任せるしかないなら、
支持したくない党の一党独裁よりは、二大政党の方がマシって事だと思う。

お互いの党の人が、テレビで雄弁に主張してたりするけれども、
どっちも、本当に応援したい人がいなくて選ばれたんだと自覚して欲しい。

自民党は立て直しに必死だが、ぶっ壊すのが民意であって、
立て直しをアピールするより、もっとぶっ壊すって言えば選挙にも勝てるかもしれない。
いや、もう遅いかな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。