黒番統一の詰碁

1385 letters | 1357 views | コメントする

いずれ一覧表を作りたい物だが、とりあえず、手番の話だけでも。
あたしは黒番に統一されている詰碁しか金輪際やる気はないのだが、
どの詰碁が統一されているか、Amazonで見てもわからないし、
そこにこだわってる人はあまりいないみたいで、ネットの書評でも探しにくいので、書店で見てきた。



まず成美堂は、石田芳夫の二冊と必殺の詰碁が黒番統一。
山下敬吾は黒番の方が多いけど統一はされていないので注意。
依田も統一されていない。

棋苑囲碁ブックスは、六段挑戦の詰碁が黒番統一。
六段挑戦の実戦死活と、基本詰碁123題は統一してない。

シリーズ物では、日本棋院の「初段合格の死活」は統一なので、三段、六段、七段もたぶん統一だろう。
のんびりじっくり楽しみながら強くなる詰碁シリーズは、逆に全部白番統一っぽい。
あたしゃ別に黒にこだわってるんじゃなく、問題ごとに手番を確認する労力を省きたいだけなので、
白でも黒でも統一なら問題ない。
白黒で統一できないなら、攻めの章と守りの章に分けてもいいが。
難易度ごとに出ているこの二つのシリーズが手番統一なんだから、詰碁に不自由することは当分無い。

さらに初心者向けの、ひと目の詰碁、もっとひと目の詰碁も黒番統一。
至高とか求真とか、なにやら難しそうなデッカイ詰碁も黒番統一。
白江のパワーアップなんとかっていうのも黒番統一。
これだけあれば、統一されていない詰碁の存在は完全に無視できるはずだ。

4416507011
4416507011
4873651298
4873651298
4839911126
4839911126

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。