逃せられない

1788 letters | 635 views | コメントする

予想外に早く来た囲碁未来と、予想してなかった追試だけでも、正月に暇することはなかったが、
年末にAmazonから届いた書籍があるので、読む時間がなくて寝不足になってしまう。



「もっとひと目の詰碁」は、気に入った前作の続編だから買わないわけはない。
でも、詰碁はたくさん売ってるし、たくさん持ってるので、よっぽど良くないと本棚に眠ることになる。
よっぽど良いかどうかの個人的な基準はさんざん書いてきたが、どうやら全て満たしていたようだ。
黒番統一でない詰碁は中身がどれだけ良くても本棚行きだが、これは当然満たしている。
それどころか、生きの章と殺しの章に分かれていて、次々にひと目で解く際も混乱を生じない。
正解図は必ず上段に統一してあるから、注意深くならなくても次々に読んでいける。
難易度にばらつきがあると、自分の今やりたいちょうど良い問題は少なくなってしまうが、
この本ではよくぞこんなにも、同程度の簡単な問題ばかり揃えたなと言う事でも感心した。

もう一つ特筆すべきは、コウになる問題を排除したと言うことだ。
そもそもコウになる問題というのは、コウ以外の方法がないか全て検証する問題なわけで、
難しい問題をジックリ解くのであれば、あえてコウにする勉強も必要だろうが、
この詰碁集のテーマは、ひと目で解ける簡単な問題を次々にやる事だから、この配慮は正しいと思う。
最初に思い浮かんだ解決法がコウだとしたら、それは間違いだから、コウでない答えを探す事になる。

これほど配慮した詰碁集が本棚に眠るはずなどなく、前作を超える名著と言うことになる。
「もっとひと目の手筋」も発売されることを期待する。

さて、この本はAmazonで買ったので、送料のことを考えると、これ一冊だけの注文はもったいない。
今回、一緒に注文したのは進級シリーズ「序盤の感覚力」だ。
プッシュしている「七か条」とやらで、わからなかったことを説明してくれることに期待した。

しかし、その七か条は他の本でも何度も読んだ知ってる内容ばかりだった。
広いところからって話はさんざん言われるが、どこが広いかの判断が難しいんであって、知らない訳じゃない。
大場より急場ってのも知ってるが、急場かどうか判断する能力がない。
言葉で表現できるお話は既に全部理解できている。
言葉で表現しにくい部分をどうやって身につけるかが問題だが、この本でもやはり身についた気はしない。
でも、「布石のベスポジ」「ベスポジを探せ」「ひと目の布石」などを意味不明のまま読破して、
いつの間にか布石の問題でよく正解するようになってきたわけで、
言葉で表現できなくても、より多くの類似ケースを覚える事でなんとかなるんじゃなかろうか。
今回読んだ本も、知らぬ間に経験として残って行くものと期待しておこう。

この本で「逃せられない」という言葉が5回くらい出てくるのだが、なんて読むのだろうか。
ATOKでは「ノガセラレナイ」でも「ニガセラレナイ」でも変換できないし、再変換も効かない。
ググってみると結構使ってる人が多いようだが、変換できない時点で変だという事に気がつかないのか。
どこかの地方で良く使う方言なのだろうか。

4839926808
4839926808

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。