涙目の辞任会見

例えばニュースやワイドショーなんかで、世の中で起っている様々なことにコメントを言ったり、
あるいは世論調査をしたり街頭でインタビューしたりして、いろんな意見を聞くわけだが、
そういうテレビで一般的に言われるようなこととは異なる意見を持った時こそ、
この日記にぶちまけるのが今や趣味になっているわけだが、
安倍晋三に関してはテレビでさんざん言われているのと全く同じ感想だから、
なかなか書く機会がなかった。
やめろやめろとずっと思ってきたわけだが、テレビでもやめろやめろというから、
いちいち書いても全然面白くないわけで、しばらく書くことがなかったのだが、
さんざんバッシングしてきた人だし、最後にまとめて叩いておきたい。



彼の肩を持つ人は皆、周りの大臣が不祥事を起こしただけで彼は悪くないと言い続けた。
逆にやめろと言ってる人達も、周りの大臣が悪いことをしても、その任命責任があるんじゃないかとか、
あるいはそういう大臣達をさっさとやめさせないで、かばったことがいけないんだとか言ってきた。
支持率は低いのだが、安倍晋三という人に対して明確な敵意を示す意見は少なく、
他の大臣の不祥事やら社保丁の不祥事やらで、なんとなく政局に不満という声ばかり。
そんな状態だからこそ、安倍晋三も「自分が否定されたわけではない」などと言ってきたわけだ。
あたしは不祥事がどうのではなく、官房長官時代から安倍はダメだと、直接本人を叩いてきたから、
参院選は安倍やめろ選挙だと思ったし、結果も国民が安倍を否定したんだと思っていた。
支持率の低迷は安倍本人に対する不支持の影響だと思っていたから、
その当人である安倍がやめずに、閣僚の人事を一新するということに強い怒りを感じた。
ところが、内閣再編後に多少支持率が上がり、安倍ではなくお友達内閣がダメだったんだと理解した。
世の中が、安倍本人に対してはあまり敵意を持っていない事が非常に残念だった。

しかしやはり安倍晋三は憎むべき人間であることを、今度こそ支持者達も思い知ったであろう。
親族に対する尊敬は、自分も何かやってやろうという野心の暴走へとつながり、
国民の望む仕事はおろそかにしながら、誰も望んでいない仕事で名を残そうと必死。
そのスケールは常に国際的で、国民に反発されても世界に支持されて英雄になろうとし、
選挙で負けてもやめないと言い張ればやめずにいられる地位を利用し、
なにがなんでも居座って語り継がれるリーダーを目指した。
今やめるのは最大の迷惑だが、今まで居座ったことも迷惑であり、彼の存在は国益を害しただけだ。
総理大臣でなくなったということだけで許される話ではなく、
本来であれば、国に対してこれほどの損害を被り続けた人間を、党は除名すべきだし、
国会議員をこれからも続けていけると言うことに対しても、国民は憤慨すべきだ。
それのみならず、彼を総理に選んだ人間の責任を追及すべきであり、自民党をもっと締め上げるべきだ。

あたしはずっと自民党を応援してきたくらいだから、安倍さえやめればまた自民を応援するつもりだった。
安倍だけがマズく、他の誰でも良いからリーダーを交代すれば何もかもうまく行くと思っていた。
しかし、参院選後の続投発表で、安倍が憎いと言うより、安倍をリーダーに仕立てた人間が憎くなった。
党内にいながら安倍批判をした人間は信頼に足るが、安倍を支えた人間は信頼できない。
こうなったらもういっそのこと、政権交代とかしてくれた方が今はいいと考えている。
ただ、民主党を支持する気はないので、もし今選挙があれば共産党に票を入れるがな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。