上野公成#2

1583 letters | 1026 views | コメントする

宅建協会から各不動産屋に個別に電話がかかってきたり、
応援しますよとかいう署名をなるべく多く集めろとか、結構必死の選挙活動だった。
しかしまた落ちたようだ。



まあ確かに自民党がこれだけ議席を減らしたんだから、現職すらいっぱい落ちたわけで、
前回も落ちてる上野氏が返り咲くなんて、はじめから無理だったのは納得できる。
今回は宅建協会の努力不足ではなく、安倍不信任票が多すぎたんだととらえてるんじゃなかろうか。

でも、これは悪口になっちゃうから選挙終わるまで控えて書かないでいたことだが、
上野氏自身の問題で、非拘束名簿で上位にいけなかった理由もあると思うんだ。
頑張れば当選できると思っていたかも知れないが、この通り、頑張っても全然届いてないもん。

あたしが一番引っ掛かったのは、全国区で選挙に出るのになぜ地元びいきなのかという点。
宅建協会からの宣伝で初めて上野氏を知った時点で、ググってサイトを見てみたのだが、
「住みよいぐんま」「ぐんまの豊かな~」「ぐんまは~」「~のぐんま」「群馬の~」って、
だったら群馬から選挙区で出て、群馬の代表として活動してくださいよ。
他県からの貴重な一票を群馬に還元されてたまるかよ。
同じく自民党比例区で当選した舛添要一、農協の山田、拉致の中山、丸山弁護士、と、
多く票を取った順番に見ていっても、誰も公式サイトに地元びいきを載せてないよ。
そりゃもう絶対落ちるよね。
不動産屋が全員投票して、他に群馬の自民支持者が投票したとしても足りない。
アッチにもコッチにもこびてると、逆にこびてしか票を取ろうとしてないみたいで、両方に印象悪すぎだわ。

なんで群馬の選挙区で出ないんだろう?
プロフィールを見ると群馬の選挙区で二期十二年、参議院やってるじゃん。
その後、選挙区で負けて比例区でも負けて、今回比例区でまた負けた。
で、今は誰が群馬の選挙区で出てるかと言えば山本一太だ。
山本の方が全国放送のテレビで歌ってるんだから比例区向きなのに、
群馬では上野氏じゃ勝てないと判断されて、弱い方が比例区に回されたんだな。
しかし今回は群馬で民主党候補が出なかったんだから、完全に上野氏のチャンスだったじゃん。
群馬選挙区で勝ってきた実績があるにもかかわらず、勝ったことがない比例区で2連敗するなんて。
しかも、比例区から出てるくせに地元への利益還元を約束する。
そりゃ必ず落ちるよ。
運が悪かったとか内閣の支持率が低すぎたとか考えず、自分自身を変えていかないとダメじゃないか?
このままじゃまた落ちる。

と、選挙の前から思っていたけれども、票に悪影響を及ぼしちゃまずいし、終わるまで封印してた。
たかが日記とはいえ、「上野公成」でググって到達しうるんだから、
宅建協会で強力にプッシュしてる候補にマイナスイメージは付けたくないし。

もう今回の選挙は終わったから、次の選挙でどうやって勝つかって考えるなら、
少なくともここに、初めて知ったのに票を入れたくないと感じた有権者が一人いる事を受け止めなきゃね。
あと、ググって見つけたんだけど危険運転もやめた方が良い。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。