敵の敵は味方か

2477 letters | 602 views | コメントする

昨日、自民党からお手紙が届いた。
「党員の皆様へ」ってな。
そうさ、自民党員だとも。
しかし現首相の知能は官房長官だった頃から問題視してきたわけで、
あたしにとって今回は安倍やめろ選挙だから、我が党には投票したくない。
不動産屋は比例区で上野公成、各選挙区で自民党候補に入れるのがほぼ義務づけられている。
噂では床屋も自民党に入れるのが義務づけられているらしい。
これに従えば、誰に入れるか迷うこともないのだが、従わない場合を考える。



自民というか安倍政権を応援するのはどうしても嫌だ。
首相の知能が発達してないせいで、きっと周りの人間にいいように操られているのだろう。
改革の名のもと、日本に住みたくなくなる法律を立て続けに出してきている。
一秒でも早く彼にやめて貰いたいのだが、彼を利用してる輩は彼にやめられては困るということで、
選挙で負けても彼には続投させようという発言をしている。
その人達の名前はこれからも覚えておこう。
そして、やめないならやめるまで、全ての選挙を安倍やめろ選挙と位置づけたい。
では、自民党がダメならどこに入れるかということが問題だ。

大多数の短絡的な国民は、自民党を負けさせるためだけに民主党を応援するだろう。
自民党に勝てるのは民主党しかないから、それはそれで正解だ。
しかしその票は単なるアンチ自民票であり、民主票ではない。
最近の民主党はずっとアンチ自民のイチャモンばかりで、
じゃあ民主党は何をしてくれるのかっていうと、自民党よりマシなことなど何もない。
スキャンダルを追及するのは国会議員の仕事じゃないだろ?
遊んでないで法律を作れ。
と、常に思っているから民主党にも入れたくない。

かといって、当選者が一人しかいない選挙区で勝てるのは、自民か民主かどっちかの候補のみ。
その他の候補者に投票したとしても、絶対に当選しないのはわかってるんだから、
選挙に行かなかった人や、わざと自分の名前を書いて無効票にする人と同じく、
自分以外の人の票で勝ちを決めさせるわけだから、選挙権の無駄遣いになってしまう。
しかも、そうやって迷ってる人がどちらにも入れなければ、必ず自民が勝つから自民に投票したも同然だ。
そりゃ当然、不動産屋や床屋がほぼ義務化されて自民党に投票するんだから、
義務でない人が民主党に投票しなきゃ、自動的に自民党が勝つさ。
つまり今回の選挙では、どこにも投票する義務がない、自分で判断できる人達が、
わざわざ足を運んでまで自民党や安倍政権を倒すかどうかのみが争点といえる。
だから、両方嫌いでも、よりどっちが嫌いかを決めて、自民が嫌いなら民主に入れ、
民主が嫌いなら家で寝てるか、すごく民主が嫌いなら自民に投票しに行かなければならない。
あたしゃ民主が大嫌いだけれども、当面の敵は安倍内閣なので、
敵の敵は味方ということで、一番強い所と戦うためには次に強い所をけしかけるしかないのかなと。

もちろん比例区では、その他の党に入れることで自民と民主と両方の議席を減らすことが出来る。
だから比例区にこそ応援したい党とか、その中でも応援したい人の名前を書けばいい。
あたしは憲法を守りたいので、比例区では憲法を守ってくれる党に入れればいいと、答えは出せる。
嘘の戦争放棄憲法にもっと嘘を付け加えるくらいなら、いっそ核武装できる憲法に変えて欲しいもん。
しかしそんな議論は今はまだ受け入れられるはずもないから、社会が熟すまで憲法は守りたい。

つーことは、選挙区で民主党候補氏名、比例区で共産党かなと。
社民党という事も考えたが、民主党と同様のイチャモンばかりの福島がトップだし、
弱者救済ではなく弱者にこびて票を稼ごうとする体質まで民主党と同じだから話にならない。
「ストップ貧困」VS「なくせ格差」も、世論にこびた言葉より問題の本質を突いた共産党に分がある。
共産党のサイトでは、自民公明民主を同類扱いして戦っていこうという主張が書いてある。
この点については大変評価できる。
アメリカの言いなりをやめて自立国家を目指すという主張も評価できる。

右翼で自民党員ですが、今は共産党しか応援できません。

追記。
過去に書いた事へのリンク。

憲法改正が必要だと思っているが↓
誰が好んで戦争なんかするか!
中途半端な改正は余計に状況を悪くするから護憲派へ↓
9条の話
特にアメリカへの依存や周辺国との対立に悪影響↓
威嚇射撃の話

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。