長くて良いかどうか

1910 letters | 554 views | コメントする

ようやく、応援団の一番難しいステージまで、成績はともかくクリアした。
一曲につき4段階の難易度で、15曲あるわけだが、
3段階目までは、休んでる時間が少なくなっていく事で難易度を増した。
ンッポン、ンッポンだった物が、ポンポン、ポンポンになり、ポポポン、ポポポンになる見たいな。
でも最後の4段階目は、ターゲットの出現時間が減ったり小さくなったりして、
音ゲーとしてではなくアクションゲームとしての、視覚的難易度が上がる。
3段階目のクリアさえできれば、4段階目は別の事を競うゲームになってしまう。
ターゲットの出現場所を完璧に暗記すれば、やることは3段階目と同じになる。
で、時間をかけて何度も繰り返して、ある程度覚えてクリアに至った。
3段階目も4段階目も、素早いペンさばきが出来るようにならなきゃクリア出来ない。
そこがあたしにとっては難関で、既に覚えてしまっているのに腕が動かない。
普通の8ビートの8連打を、ミスって丸の外をタッチしたりしてキープできない。
グルグル回すので腕が疲れて、その直後のペンさばきが乱れるなど。
しかし出来ない日は出来ないで休んで、次の日やると一発クリアしたりする。
そんなことの繰り返しで、一応の全部クリアまで結構時間がかかった。
最終面以外はだいぶ忘れてるだろうと、別の曲をやってみたら、忘れてるなりに楽しい。
クリアだけなんて、リズム天国の基準ではだいぶ甘めのタイミングになるわけだから、
まだまだ全然、全部出来てるとは言い難い状態に過ぎない。
プレイ中は自分でわかりにくいが、リプレイを見るとメチャクチャなのがわかる。
コレをちゃんと出来るようになるまでやるとしたら、ものすごい長いゲームになるだろう。
ありがたい長さだ。



カスタムロボはありがたくなく長い。
セリフが長くて、読みたくないから連打し、読み飛ばしちゃってどこに行けば良いかわからない。
強いやつと戦うのが面白いのに、弱いやつにケンカ売って稼ぐという作業が長い。
沢山戦っても、やってる人間は上手くはなるけど、ゲーム内キャラは強くならないので、
コンピューター側だってキャラの強さを数字で変える事はできず、
ザコとライバルの差はAIの手加減の差でしかないのだが、
手加減してるザコに大量に勝っても、手加減してないライバルの練習にはならない。
ホントにもう、せっかく面白おかしく作ったバトルを、ストーリーモードがダメにしてる感じ。
だのに、通信対戦で使えるパーツはストーリーモードをやらないと増えない仕様だったり。
通信をやりたくて期待した人はきっと、一人用のダメさ加減に我慢できないだろう。
一人用をやりたかった人は、目的の一人用のダメさ加減に我慢できないだろう。
あたしゃカスタマイズが楽しいので、長いけどまだやる。でも早く終わって欲しい。
いかにもまだ中盤ですよって空気なので、まだまだ長そうだ。
使うロボと装備は偏っていき、今は防御を重視したゴリラ型に地上速度重視の足をつけ、
メインのガンはホーミング型とダウン取り型と連射型を使い分け、
ボムは当てやすさ、自爆しにくさ、攻撃力なんかを考慮し3種ほど、ポッドはホーミング優先。
180種類のパーツが出るらしいが、そんなに使わないし覚えられない。
ほんの一部のパーツを使い続けて進んでいるので単調になって来ている。
一応、課題付きバトルでいろんなパーツを使わせられはするので、そこもまた面白いのだが。
ストーリーは本当につまらなくて長くて、同人エロマンガ風で不自然なポーズのキャラに腹立つ。

長ければ長いほど面白いゲームと、つまらないゲームがあり、
楽しめてる時間が長いか、楽しめてない時間が長いかの差だよって、この間も書いたな。
早く飽きさせないための工夫が、かえって面白くないというのは良くあること。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。