強くなったのか弱くなったのか

1441 letters | 542 views | コメントする

例えばヒデは、前回大会の前、ペルージャで大活躍してローマへ行って、
トッティとポジション争いしつつセリエA優勝してたりする。
大会後、パルマでもフィオレンティーナでもボルトンでもベンチで現在に至る。
ついでに股関節とかやっちゃってお休みもしてた。



柳沢はアントラーズのエースだったのに、イタリアに行ってサイドをやらされたりベンチにいたり、
ついにはクビになって帰って来ちゃった。

川口もポーツマス行って長期間消えてた。久しぶりに名前を聞いたときは既にジュビロ。

高原もドイツ行ってから全く聞かなくなっている。

伸二はオランダで評価も高く活躍していたのにケガしたりして気がついたらレッズ復帰。

稲本もプレミア行ってから消えてみたり足折ってみたり。

俊輔や中澤は進化したのかも知れないが、チーム全体では強くなったと言えるのか。
これぞ集大成だとかいって、月日を重ねたから今回が一番強いと疑ってもいなかったが、
実はもうピークがとっくに過ぎた選手ばかりだったんじゃなかろうか。
かといって、若手がこれらの中心選手に匹敵すると言うこともなく、
黄金世代は若くして才能を開花させ、既にその活躍のピークを終えていたのかも知れない。

強くなったか?
といわれれば、確かに強くなってるはずなんだけど、どうも確証がない。
弱くなったか?
といわれれば、確かに多くの選手が海外で活躍できずに力を落としたりケガをしたり。

ただ、もっともっと強くなる予定だったのに、そこまで至れなかったのは事実。
ヒデはトッティと争うほどのスーパースターとして活躍し続けることが期待されたのに、
まさか日本の王様が、どこに移ってもベンチで、値段が高すぎて買い手がつかないとは。
すくなくとも川口は、キーパーで海外行ってベンチなんて考えてもいなかったはず。
柳沢や高原や鈴木や大久保など、日本人フォワード誰でも良いから名を上げろよ。
せめて稲本だけは世界中どこに行っても通用するボランチだと思ってた。
トルシエに呼ばれた中田浩二が早々に自殺点かよと。
レッジーナで活躍した俊輔がなぜスコットランドなのか。
そして彼らが世界に出ていったせいで、さらに閑散とするJリーグ。
小野だけは調子良いと思ってたのに、調子悪くして帰ってくる。

今回のW杯の結果が残念の前に、この4年間がそもそも残念だったな。
期待した最強ジャパンではなかった事など、代表招集しなくても個人を見ればわかってたのかも。
ジーコだからとかトルシエだからとか言う前に、選手が伸びなかった。
ほとんど同じメンバーで戦ってるのに、メンバーが成長してなきゃそりゃ置いていかれるさ。
しかも、次の世代が育ってない。
強くなってなかった上に、世代交代も出来なかった。

もうW杯には出れないのかな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。