アーカイブ

タグ: ‘デッキ’ の記事

逆転オセロニアで毒にこだわってるので、毒駒が出そうもないパレードを無視した。 おかげでシルバーウィークで配った星のかけらが潤沢なので、決戦イベントに使う。 つっても、復刻のマスティマもインフェルノタイガーも毒じゃない。 あんまり欲しくなかったけど、とりあえず回収して今は両方スタメンに入ってる。 毒メインのデッキだけど、毒以外は後半の火力を重視して詰め込んだ。 毒駒を序盤で出して生き残ることで継続ダメージを稼ぎ、フィニッシュで火力駒。 そ…続きを読む

 黒猫のウィズは毎月の月末に魔道杯をやるが、これも所詮はお金を多く払って周回した人の勝ちだからランキングに参加する気はないけれど、段位を上げる事はモチベーションになっている。今いるのは7段で水デッキ、6段と8段は雷デッキとなる。5段まで落ちちゃうと火と雷の混合デッキを使わないといけないので、落ちても6段で留まりたいと思っている。だから今いるところが水デッキでも、今回また雷ガチャを回した。たぶん目玉商品であろう副属性持ちも雷が主属性だから…続きを読む

1041 letters | 64 views | コメントする

 ドッカンバトルはまだ始めたばかりなので、待ち時間が少なくてちょこちょこ遊べてる。しかも意外なほど1ゲーム長くて、気がつくと長時間遊んでたりする。そんなに面白いわけじゃなくて、やっぱりガチャ次第だと思うわ。今回はSSR出たのでゲーム開始しちゃったが、技のベジータはあまり強くない気がする。いや育ててみなきゃわからないので初期時点では。まだRとかとそんなに差がついてなくて、良いキャラは育てにくいのでしばらく弱いって事かも知れない。フレンドの…続きを読む

1342 letters | 418 views | コメントする

 黒猫ウィズの常設クエストで詰んでしまったので、火デッキを強化しようと思ってレツィーユ狩りを行った結果、4覚醒まで集める事ができた。やはりまだギリギリで勝ってるみたいで、フレンドにいいやつを選ばないと一戦目が厳しかった。例えばパネルブーストを持ってるやつとか、味方全員のステータスをアップするやつとか、すなわち何かしらの覚醒をもって影響してくれるようなフレンドがいないと困る。ところが、レツィーユを狩るのに適した水リーダー自体がフレンドに少…続きを読む

1219 letters | 420 views | コメントする

 黒猫ウィズは今まだトーナメント三段で苦戦しているところなので、トーナメント用に水デッキの強化が目下の課題ではある。しかし強化と言っても金を払ってまでガチャする気はないので、持ってる物を育てて組み合わせるしかないし、育てたらコストの心配も出てくる。普通にレベル上げが必要なので、常設のクエストをぼちぼちクリアして行ってるところだが、いよいよ敵が強くなって詰んだ。魔道都市サイオーンの後半、道中は火の敵が多いんだけどだからって水デッキで行こう…続きを読む

1539 letters | 658 views | コメントする

 BJランキングさえ開催されなければ、ブレイクジョーカーは自分なりのデッキで遊べて満足できるわけだが、ユーザー同士を戦わせることでよそ様のデッキ内容がわかってしまう。自分なりのデッキがよそ様のデッキにやられたら、よそ様の持ってるカードがうらやましくなるだろうという仕組みだ。あたしの場合は前回のランキングの直前でゲームを始めているので、よその人はみんな強くて自分だけ弱いと感じ、どのカードが強いのかはわからなかった。その頃はディケイドのカー…続きを読む

1305 letters | 568 views | コメントする

 ブレイクジョーカーが仮面ライダーを扱っているキャラゲーである以上、お子様でも無料で喜べる物でなくてはならない。それと大人が課金して喜ぶ物でもなくちゃいけないので、両立のラインがどこなのか難しい。うちの子供については、今のバランスで普通に喜んでいる。週替わりのイベントで一番簡単なフロアを攻略すれば、とりあえず新しいカードが手に入るので、まぁそれだけで十分だ。YouTubeでいろんなライダーを知っているので、いろんなライダーが毎週貰えると…続きを読む

1376 letters | 623 views | コメントする

 課金でコンティニューさせようとするゲームはパズドラでもそうだけど、あえてある程度は事故死するようにして集金しようとしている。しかし全てが運任せだと面白みがなくなってしまうわけで、運と実力のちょうど良いところでバランスをとると面白く感じるみたいだ。ブレイクジョーカーはしょせんブラックジャックだから運なんだけど、デッキの組み方とか狙う方向性とかゲージの使い方とかで、結構考えてやることになるからうまく行くと面白いしそのバランスは良いと思う。…続きを読む