CORESERVERの文字化け

レンタルサーバーのCORESERVERが大規模なPHPアップデートを行った。
その結果、古いシステムで動いてるホームページは表示すらされなくなった。
その救済策として、古いPHPで動かすオプションを選択できるようになった。
だのでオプションで古いやつにしてみたら、とりあえず表示はされた。
全て文字化けしてるけどな。
ソースコードに直接書いた文字は化けてないけど、データベースだけ文字化けしてる。
だからそれはデータベース関連の不具合である事は予想できた。
でもてっきり、データベースへのアクセス方法が問題だと思ったんだよ。
無駄にリスクを冒してWordPressを最新の物に更新してしまったわ。
それでも文字化けは直らない。
で、試しにデータベースをダウンロードしてみたら、そもそも文字化けしてた。
文字化けって言うか、日本語が全部潰されてしまって復旧不可能だった。
んで、最新のバックアップは先週のものだったから、それをリストアして直った。
つまりのつまり、CORESERVER側でデータベースをぶっ壊しやがった。
アップグレードに失敗してぶっ壊したのはCORESERVERの方だった。
と言う事。
うちは先週のバックアップがあったから助かった。
よそはどうしてるだろうか。
あと、これはアップデート後の投稿テストでもある。



ネットに関係するソフトウェアはどんどんアップデートされていく。
古いバージョンを使い続けたくても、時代とともに勝手に新しくなって行く。
使い慣れた古いWindowsが好きでも、セキュリティ更新が終わって見捨てられる。
古いOSが好きでもアプリが新しいOSじゃないと動かない。
逆に古いアプリが使いたくても新しいOSじゃ動かない。
WordPressもバージョンアップするしPHPもバージョンアップする。
全てのアップデートについて行くのが個人では難しすぎる。
ずっと今のままでいられないんだよな。

と言う事で、個人でWordPressをインストールするのはもう限界かも知れない。
個人だからこそ、個人的なカスタマイズが自由にやれた。
その個人的なカスタマイズをしているせいで、アップデートについて行けない。
個人だからこそ費用を削って自分で好きなようにやって来た。
費用を払ってでも専門の人におまかせしなきゃいけない。
そこまでして続ける価値のあるものしか、これからは続けられない。
そんな風に思った。

さて、文字化けも解消したところで、なぜ新しいPHPでは動作しないのかだ。
WordPressは最新の物にしたので、悪いのはあたしの書いた部分だ。

 

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。