スゴ得コンテンツも継続してみる

 スマホのアプリ業界でよく行われている広告方法として、あたしのようなスマホを乞食活動に使っている連中に小銭を払ってダウンロードを依頼することがある。1件につき数十円の報酬で数万人にダウンロードさせれば、少ない予算で一躍ランキング上位アプリにのし上がることになる。もちろんアプリそのものが良くなければさらなる普及は望めないが、いくら良いアプリでも無名状態ではスマホで検索してもなかなか出てこないわけで、スタートダッシュで一般人の目に触れさせるために小銭をばらまくって事は必要なのだ。AppStoreやGoogle Playにあるアプリはそういう仕組みだなってすぐ理解出来るんだけれども、auスマートパスやスゴ得コンテンツのアプリが小銭ばらまく仕組みはよくわからない。スポンサーに何の得があるのかは内情を知る者じゃないとわからない。しかしわからなくても、これらのアプリの方が派手にばらまいてるという事だけは事実なので、月額数百円のauスマートパスやスゴ得コンテンツに加入してステマに協力すると、その利用料を上回る収入を得られてしまう。もちろん、スマホでポチポチと地味な作業をしなければならず、その見返りとして小銭が貰えるのであって、ほったらかしでお金が入ってくるのではないが。



 去年はauスマートパスで小銭を貰って家電をいろいろ新しくするほど儲かったが、今年はちょっとシステムが変ったせいで稼ぎが激減し、本当に内職のバイトを少しやる程度になってしまった。そのため、au以外のポイントにはあまり興味を持って見てなかったんだけど、気がつけばドコモも同じような事をやってるし、ヤフーも何かやっている。ヤフーは単価が安すぎてやる気がしないが、ドコモはなかなか単価の高いお仕事が多いみたいだ。それで、せっかく今一括0円スマホのオプションでスゴ得コンテンツを契約してるから、試しに一覧にあるお仕事をまるまる全部一気にやってみたら2300円くらいになった。一方、auも一覧を一気にやってみたら2900円くらいだった。やはりまだauほどではないって事になるが、auがほとんどアプリインストールでポイントを貰うのに対して、ドコモは全てウェブサイトにアクセスするだけなのでお仕事の一覧からワンクリックで報酬が入る。効率はいい。

 スマートパスに関しては毎月利用料以上の収入を確実に得る事ができるけれども、果たしてドコモも毎月そこそこ儲けることが出来るだろうか。なんせスゴ得コンテンツはspモードの契約も必須だ。auの内職専用機は基本料0円、ISNET解約済み、スマートパス料金のみでやっているのに、ドコモの内職専用機がスゴ得とspモードの両方を払わなければいけないので、儲けが小さいのであれば維持する気になれない。数百円だけれども。激しく儲かるのであれば、バッテリー消費やroot化による高効率化も考えて内職専用機が必須となるが、余り儲からないのであればいっそメインの電話機でスゴ得を契約してもいいんじゃなかろうか。とりあえずもう少しやってみなければわからないし、数百円払ってオプション維持してみるぐらいの価値はあるだろう。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。