やけくそでTPP

1825 letters | 864 views | コメントする

子供が寝た後と子供が起きる前の貴重な時間をゲームに費やしているので、
しばらく全くニュースを見てなくて、世の中がTPPにどう反応してるのか全然わかってないが、
勘で意見しておく。
丁寧に前置きをしようと思ったがやたら長くなりそうだから短くまとめると、
こちとら狂ってるんだからこう言う考えになりましたよって事になるか。



結論から言うと、どうせ反対しようがTPPは避けられないんだろ。
日本の主権は日本国民じゃ名なく米国民にあるんだから、もう議論はやめてさっさと対応を進めろ。
問題は、国内での法律なりなんなりが、TPPと矛盾する形になってるって事らしいので、
TPP加盟は米国様の命令で逆らえないとキッパリ明言し、だからやるぞとスピーディーな改革をしろ。
環太平洋パートナーシップ協定ではなく、日米和親条約だと言う事は誰が見ても明らかだが、
だからってやらないって米国様に言えるのか?断ることは絶対無理なんだろ。
だったらTPPを受け入れても国が潰れないように、どうすればいいかを迅速に考えなきゃいかん。
もう決まったことをさもまだ決まってないかのようにしつこく反対したり、危険性について論評したり、
それで避けられるんならとっくに避けてるわ。
確かに加盟したら日本は潰れるだろう。
そして加盟は米国様によって決定している。
つまりこれから日本は潰れるんだから、潰れても大丈夫なように国も個人もどうにかしなきゃな。
それをやらずにまだ、ただTPP反対を訴えてる人が、将来ドヤ顔でそれ見たことかと威張ったところで、
潰れるのはわかってたことで、威張るんだったら反対するんじゃなく対策を考えろって事だ。

TPPの件でも強く感じたことだが、民主主義とか平等とかって、我々人間ごときには使いこなせないね。
たとえば農業関係で利権を持ってる人はその利権を守りたくて、まとまった票が発生するから、
選挙に勝とうとするならそういう人の利権を守ってあげることも必要になる。
そうすると、ちゃんと民主主義で選ばれた人ってのは、誰かの利権を守るための代表者になり、
議会は自分を当選させてくれる団体にいかに利権を回すかっていう、タダの奪い合いみたいになる。
それによって、何ら利権を持たない人はますます搾取されるようになるし、
搾取されないために推すべき候補者ってのは、全ての利権を平等にぶっ壊す公約をするわけだから、
それってつまり、誰の味方もしないで独裁するって事だし、
皆さんの生活を壊して再建するから能力のある人以外は職を失うかもねって内容になる。
そういう人を応援は出来ないわけで、誰も彼も皆、自分の生活を守ろうと思うわけで、
たとえ自分が破産しても日本全体の利益になるなら構わないとは思わない。
でも現実に必要なのは、誰かが破産してでも日本全体としてプラスになるような独裁をすることなんだよ。
誰も犠牲にならない方法をやろうとすると、今利権を持ってる人から優先的に助かるから、
金持ちは金持ちのまま、貧乏人と国が破綻してギリシャになるってわけだな。

一番良いのは、TPPに加入せず、しかもTPPに反対してる利権持ちの皆さんが丸裸になる事。
米国様をないがしろに出来るなら、断固拒否すべきだし、それとは別に利権はぶっ壊すべきだ。
二番目に良いのは、やむを得ずTPP加入しても、利権が日本国内で分散されること。
良くないのはTPPに加入して利権を米国に持って行かれること。
一番は無理だが、二番と三番の間でいかに二番に近づけられるかを今やるべき。
利権を守りたいがためにTPPに反対して足を引っ張る行為が、バレバレでみっともない。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。