脱iPhone完了

NHKのためしてガッテンが推奨する計るだけダイエットに特化したアプリが、
あたしのAndroid移行に合わせたかのように移植され、iPhoneで使ってたアカウントでログインしたら、
ちゃんとそのままデータを引き継ぐことが出来た。
体重を記録するだけのアプリなんていくらでもあるけど、ガッテンのはサーバーに記録するタイプなので、
このようにiPhoneからAndroidの移行でそのまま使えちゃう。
端末のデータが初期化されるような遊びを頻繁にする人は、データがクラウドにあると助かる。
まぁ、Androidの場合はSDが入ってるから、端末を初期化してもSDに記録しておけば良いわけで、
むしろその方が、ネット接続なしでも読み書きできて安心だ。
クラウドだと助かるってのはiPhoneが不便すぎるから出てくる発想で、
iPhoneからの移行だからNHKアプリを使うってだけで、最初からAndroidならNHKである必要はない。
つーわけで、あたしはこれを使うけど、万人にオススメする物ではない。



これさえAndroidに移行できれば、もうiPhoneはただのポータブルナビにしか使い道がない。
もちろんナビだけはiPhoneが使いやすくて、さすが有料のアプリを使ってるだけのことはあるが、
Androidで無料のGoogleナビも優秀で、Streakの5インチで使う見やすさも考慮すると、
既に金払ったナビより払ってないナビの方が上を行ってる感がある。
これはもう本格的にiPhoneはいらない。

と言う事で、パソコンからアップル製ソフトを全部削除してスッキリした。
特にQuickTimeが大嫌いで、あれってプロ版でなきゃ出来ない事があるくせに、
無料版で関連付けを全部とって行っちゃって、他の無料アプリなら出来る事が、
QuickTimeのせいでできなくなるとかいうことも起り、非常に行儀が悪い。
マックにアップルのソフトを入れるなら、自分だけが正義だという立場を貫いても良いが、
Windowsにアップルを入れるときは非標準なんだと言う事をわきまえ、もう少し行儀良く作って欲しい。
また、なんだか知らないが、iTunesを入れた二台のPCでは両方ともしょっちゅう、
iTunesを利用してもいないのに、iTunesHelperのエラーで終了するとかって警告が出る。
アップルはそもそも、自社以外のOS向けソフトウェアの作りがメチャクチャな可能性があるな。
iPhoneが不便かどうかは別としても、大事なパソコンにアップル製ソフトを入れるのは避けたいので、
iPhoneを利用するのはやめた方が良い。

いずれiOS5がリリースされたとき、アップデートのためにiTunesを使うかも知れないのだが、
既に全ての面でStreakより不便で使い道がなくなったiPhoneを、アップデートするとも限らない。
アップルをインストールしなくて済むほうが重要だ。
このまま、Streakが壊れたときのための予備機として眠らせておこうかと思う。

今日は嫁にナビとして貸してやった。
しかし嫁の車にはシガレットなんたらが付いてないので電源が取れず、
常時案内ではなく、わからないときだけ使う事にするようだ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。