UTTやってみたい

1550 letters | 752 views | コメントする

数ヶ月前、よその人がそれまで元気だったのに急に心臓がおかしくなったのだが、
その時、応急処置で舌下吸収の薬を摂取させられたんだそうな。
たぶん錠剤だったらしく、舌の下で噛んで下さいとかって言う意味不明な指示を受け、
それってどうしたらいいのか、その人も初めての経験でよくわからなかったみたいだ。
しかし、舌の下で薬を吸収する事には成功したらしく、その薬で一発で楽になったらしい。
どうやら心臓が悪い人にはその舌の下で吸収する薬は一般的な物らしく、
そう言う人は普通にそれを二つくらい携帯しているんだってさ。
で、その話を聞いていたから、舌の下から吸収すると即効性があるんだろうなと興味を持っていた。



このたび、某サイトで舌下吸収タイプのよくわからないものが期間限定25%オフだったので、
すなわち40ドルの物が10ドルオフで30ドルだったので、試しに一つ注文してみた。
前回このサイトを利用したときは、一番安い配送方法を選んだら1ヶ月以上かかったけど、
まぁ、そのくらいかかるっていう事を一度経験して慣れたし、またそれで送って貰う。
完全に衝動買い。

買ったのは、1-Androsterone UTTと言う物だが、これはプロホルモンの類かも知れない。
しかし、米国では危険な物はどんどん禁止されてるし、
ホットロックスのように化学的にはプロホルモンでも危なくない物だってあるし、
堂々と危ない物を売っている他のサイトですらいよいよ在庫処分に入っているのに、
危ないものはすぐに販売をやめているようなサイトで売ってる物だから、たぶん危なくないと思っている。
さらには、同社からUTTタイプじゃないやつも出ているが、そっちにはサイクルが必要だって書いてあり、
UTTタイプにはサイクルが必要だとは書いていないから、より安全な物だとも推測した。

衝動買いなので、あまり調べないでとりあえず買っちゃって、あとから少し調べたら、
DHEAに近い物で、1-Testosteroneに変換されるよとかって書いてある。
まぁ、ホルモンに変換されるんだったら化学的にプロホルモンって事になるわな。
米国で禁止されないのは、天然に存在するからじゃないかな。
すなわち、人工的な化学修飾がなされていないわけで、それじゃホットロックスより安全かも知れない。
ただし、いくら安全と言ってもホルモン類は長期間使うと自己生産力が落ちるという噂なので、
オフが必要だって書いてなくても、自主的にオフを作る必要があるかもな。

どうせ禁止されてない程度の安全な製品では、効果も大したことがないのは学習済みで、
とにかく、UTTという仕組みに興味があって衝動買いした。
水を用意して飲むのではなく、液体をスポイトで垂らすだけって、面倒くさがりには良さそう。

あと、オプチマムのスプーンを改造した自作スプーンが、デジタルスケールでちょうど20gの用量だった。
こいつを使ってプロテイン飲めば一回分が約50円になる。
栄養度外視でうまくて飲んでるだけなので、一度にたくさん飲まないで小さく安く済ませることにした。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。