ダイマタイズのモカ

1477 letters | 1474 views | コメントする

味にはそんなにこだわってないんだけど、激マズじゃなければ別に激ウマである必要はない。
オプチマムのチョコ味はうまくて、栄養を無視して普通に嗜好品として買いたくなるが、
チャンピオンのチョコ味は栄養摂取のためじゃなければ続けたいってほどじゃなかったので、
とりあえず、もうずっとオプチマムチョコだけでいいかなと思っていたけど、
ダイマタイズってのも各サイトでわりと安く売ってるから、うまいかどうか気になって買ったという所まで書いた。
買ったのはチョコ味とモカ味で、チョコの方は香りが強くてこれはこれでうまいが、少し溶け残るとも書いた。
で、ようやくモカ味も飲み始め、いやもう飲み慣れてかなりうまいと感じるようになったところ。



うまいと言っても、プロテインとしてうまいと言うレベルであり、コーヒーとしてうまいレベルではない。
チョコ味プロテインはチョコドリンクと味を比較するものではなく、
プロテインの味にチョコの味を足した結果の産物がおいしいかどうかだけが問題で、
チョコドリンクが飲みたいやつはプロテインで代替せず、素直にチョコドリンクを飲むべきだし、
チョコ味もプロテイン味もする飲物がおいしくてたまらないって人は、逆にチョコドリンクじゃダメなんだよ。
だから、コーヒー味のプロテインも、これはこれとして楽しむ物であり、ただのコーヒーと比べちゃいけない。
ところが日本には、米国にないアイスコーヒーや缶コーヒーがあるし、あたしはそれを飲み慣れている。
あっちじゃコーヒー味のする冷たい飲物なんて、あまり普及していないからこれでいいかもしれないが、
こっちじゃそう言う物が普及しすぎていて、コーヒー牛乳のぱっとしないやつと評価出来てしまうんだな。
香りに頼りすぎてコーヒー味がおろそかになった結果、この程度の甘さじゃ全体的に薄すぎる印象。
ペットボトルに入ってる薄いコーヒーからさらに甘さを控えたらこうなるかなってくらいのレベル。
いや、それはあくまで缶コーヒー類を飲み慣れ、比較して味がわかる人から見た、コーヒーとしての基準。
プロテインとしては、まぁ、チョコ味じゃなくてコーヒー味をつけた物として、これはこれでうまい。
現に、水でも牛乳でも飲んでいるが、飲みながらうまいって言わなかったことはない。
確実にうまいものだが、ついつい、既製の物を比べて、これなら缶コーヒーの方がいいと思ってしまう。
栄養と値段でプロテインを選んでいるが、栄養と値段を度外視なら缶コーヒーに負けちゃうかなぁ。

気になったのは、モカ味の方がチョコ味よりも溶け残らないこと。
ダイマタイズなら全部溶けやすさが同じかというとそうではないようで、味にもよる様だ。
ただし、モカ味に入れたシリカゲルが赤くなり湿気が多いようで、プロテインではこういうことは初めて。

やっぱりオプチマムのチョコが一番かなぁ。
溶けるしうまいし湿ってないし。
でも計量スプーンはダイマタイズが最高なので、これは取っておきたい。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。