旧型の成分表示

1515 letters | 1088 views | コメントする

ホットロックスには新型のエクストリームと旧型のA7-Eってのと、2種類の製品があるわけだが、
新型は110カプセルで4千円、旧型は72カプセルで2千円ってのが相場なので、
どうせ似たような物なら旧型を買った方がちょっと安く上がる。
それで問題は、本当に似たような物なのか、それともだいぶ違うのかって事なのだが、
旧型ホットロックスやファーレンハイトの成分表示が、各販売サイトごとに異なっている。
これはたぶん、いつの時点かで旧型ホットロックスの成分が変更されたという事だと思う。
そうすると、一番信用できるのは一番新しいサイトって事になるんだけど、
どこが新しいのかよくわからない。
おそらく本家であろうホットロックスドットコムには、エクストリームの情報が載ってないくらいなので、
もしかしたら古いのかも知れない。



bodybuilding.comやnetrition.comに載っているのは、カーボリン19をスクラレマックスに変えただけの物。
biotest.comに載っているのは、それからヨヒンベを抜いた物。
bulknutrition.comに載っているのは、さらにラズベリーを抜いてググルステロンを足した物。
さすがに、ググルステロン入りのやつは110カプセル入りになってるから古いやつだろう。
あとはヨヒンベが入ってるかどうかぐらい。
ファーレンハイトは、A7-Eがスクラレマックスより少なく入ってるだけって感じか。

フォルスコリンもしくはその代替成分に期待してホットロックスを買うあたしとしては、
ヨヒンベが入ってるかどうかなどどうでもいいし、A7-Eが少ない分だけ安いファーレンハイトに魅力を感じる。
ファーレンハイトは女性用という事になっているが、成分表示と値段だけ見ると一番魅力的だ。

スクラレマックスよりカーボリン19が良いって事にトコトンこだわっちゃうと、
個別製品のカーボリン19を高く買って十分摂取するのが理想って事になるし、
カーボリン19にこだわらないなら安いファーレンハイトでもいいって事になって、
微妙に高くカーボリン19入りの、新型ホットロックスは微妙なポジションだ。
あたしはメーカー公式発表通り、筋肉増強効果はカーボリン19にあると信じているが、
化学式に詳しい人はA7-Eに筋肉増強効果があると思っているらしいので、
A7-Eを多く摂りたくてカーボリン19にこだわらないなら旧型ホットロックスか。

ホットロックスに含まれるカーボリン19もしくはスクラレマックスの詳細な分量とか、
それをフォルスコリンと比べるとどの程度に相当するのかという情報がないので悩む。
A7-Eよりもカーボリン19を支持しているあたしから見ると、
新型ホットロックスを1日4カプセルで160円、3カプセル120円にするくらいなら、
新型ホットロックス2カプセルにカーボリン19を1カプセルで150円、1カプセルずつ110円の方が良さそう。
一度は単体製品を買って試してみないと気が済まないかもな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。