脱プロテインの決意

1670 letters | 1236 views | コメントする

元々、先に何かしらの粉を買っておく事で、その粉が余ってるうちは筋トレをやめるわけに行かないという、
粉がどんな効果を持っているかを無視し、気休めを最大の目的としてプロテインを買った。
その後、BCAAも買ったわけだが、どっちか一方さえあれば気休めとしては十分だ。
単に、買ってしまった粉がもったいないという気持ちになりさえすればいいので、両方ある必要はない。
これをどっちか一方にしぼるにあたり、セオリーで行けばプロテインだけにする方がきっと正しい。
しかしあたしは逆に、BCAAだけ継続してプロテインをやめようとしている。
まぁ、まだどっちも数ヶ月分の在庫があるから、気持ちは変わるかも知れない。
だからこそ、現時点での決意を固めておこう。



プロテインは一度に20g以上摂取するので、粉薬のように口に含んで水で流し込む事は出来ない。
ゆえに、シェーカーを使って水で1分間シェイクして飲み、飲み終えたら洗うという作業もつきまとう。
ボトルも大変大きく場所を取るし、送料が割高なので一日二回摂取なら110円かかる。
これと比較して、一回分のプロテインに含まれるのと同量のBCAAは5g程度なので、
それなら口に含んで水で流し込めるし、だったらシェイクする必要も洗う必要もない。
ボトルもの大きさも計算上4~5分の1になるからかさばらず、軽くなる分送料が割安で、
一日二回の摂取なら70円になる。

5gのBCAAを含むプロテインと、そのまま5gのBCAAとを比較しているわけだが、
どっちが何に効くとかいう仕組みはさておき、大量の粉VS少量の粉という違いが大きいわけだ。
どっちにしろ全然不足してない栄養を気休めで補給することにかわりはなく、
せめて粉を少なくする事で利便性を追求したい。

あたしの性格上、将来もいろんなサプリを試しに買ってみたくなる気がする。
何のために必要かは別として。
部屋中にいろんな薬があって何種類も飲んでたら、どれが何用だか嫁に説明できない。
ずっと続けるサプリは1種類にして、もう一つお試しのサプリと一緒に買うくらいが説明の限界だろう。

しかしプロテインはうまいんだよな。
チョコドリンクとしておやつになっちゃうから、やめてもたまに飲みたくなる気がする。
それに、部屋にプロテインを置いておかないと、無駄に一回分のプロテインドリンクとか高く買いそう。
まぁボトル一つ無駄遣いするよりは一回分の無駄遣いの方がいいか。

と言う事で、筋トレの励みに何か買うけれども、効果より使いやすさを求めるならBCAAが優先かな。
水に溶かして大量に飲むわけではなく、少量口に入れて水で流し込む粉に味は期待してないので、
次回はきっと、BCAA+Gではなく味付けなしのBCAAでいいと思う。
といっても次回は何ヶ月後かわからないし、状況は変わるかもね。

あと、メルトダウンの副作用は、感じる人感じない日があるのかも。
今日はよっぽど意識して感じようとしないと感じないくらい。
その副作用も、薬が効いてるのと抜けて禁断症状なのとは分けて考えるべきなのかも。
体重は71kg台で安定し、体年齢が最低を更新して40歳というのが初めて出た。
実年齢にはまだまだ遠いが、なかなか下がらなかった数字がようやく一つ下がった事は、
たとえ一時的なものでも誤差でも嬉しい。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。