踊りながら鍛えない

1595 letters | 766 views | コメントする

ヒップホップアブスのディスク1をやってみた。
ディスク1は、踊りながら腹筋を使う方法、本編30分エクササイズ、その他の特典映像って感じ。
5分ダイジェストがほとんど筋トレばかりで踊ってなかったのに対し、ディスク1はほとんど筋トレなし。
唯一、最後の方で素早くモモを挙げる踊りが出てきて、大腰筋に効くってくらい。
その他は簡単なステップの踊りをやりながら、腹筋を動かしましょうという内容だけで30分だ。



画面下に残り時間を表すゲージが表示され続ける親切設計。
他のと違って、先生以外は踊りが下手という珍しいケース。
音声多重になっていて、先生の声が大きく音楽が小さいパターンと、その逆パターンが切り替え出来るが、
そのどちらも極端すぎて、ちょうど良いバランスのパターンは入っていない。
DTMの知識がある人なら、両方の音源ソースから自分好みのバランスでミックス出来るのだが、
まぁ、はたして面倒くさい思いをしてそこまでしてやる価値があるかどうか。

あたしは独自で筋トレした後にDVDで踊りたいのであって、踊りながら筋トレする気はない。
だから、踊りじゃないDVDには興味がないし、踊りの途中で足を止めて筋トレを入れるやつも不要だ。
その点において、ヒップホップアブスのディスク1は踊るだけで筋トレしないから良いのだが、
踊り自体が簡単すぎて全然面白くない。
ステップは簡単で、簡単なステップをやりながら腹筋を動かして鍛えるという事を重視しているようだ。
あたしは踊りで鍛えるつもりはなく、踊りを楽しむつもりでいるから、
あまり単純に歩くだけ見たいな踊りにイマイチ惹かれなかった。
ディスク2以降でもっと激しい踊りが出てくるかも知れないが、筋トレ混じりならやりたくない。

ヒップホップアブスの30分をやった後にズンバの20分をやったらステップが大変楽しい。
しかも、続けて50分動けることがわかって嬉しい。
時間がない日はズンバかコアリズム20分、時間がある日は両方って感じにしていこう。
ヒップホップアブスはやらん。

50分動けるので、ズンバのカルディオの方を15分位まで見てみたが、筋トレ要素は全くなく、
20分版と同じような雰囲気でずっと踊り続けていた。
公式サイトには有酸素と無酸素を組み合わせていると書いてあるが、
無酸素のところに短距離などと書いてあるし、速い曲=全力疾走=筋トレという認識らしい。
なるほど、つまり彼らにとっては筋トレだが、あたしにとっては理想的な激しいダンスじゃないか。
で、速い曲と遅い曲を繰り返すからカロリー消費が高くなるって事を、
彼らなりに言い換えるとインターバルトレーニングで、サーキットトレーニングではないって事ね。

スティックを持ってやる方のDVDはおそらくもっと筋トレ寄りかも知れないが、
カルディオは終始ダンスのDVDなんだろう。
50分の時間があるときは、アブスやコアを組み合わせず、ズンバだけ50分やってみたい。
ただ、あたしの場合は独自で筋トレした後の踊りであって、激しいのを短時間なら良いが、
あまり長くやってカロリー消費しすぎるのも不本意なので、せいぜいこの50分でやめておこう。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。