ブルワーカーやめる

1647 letters | 1518 views | コメントする

どうもブルワーカーは、あまりきつくないやり方で毎日やる方が効果があるようで、
同一部位につき週2回というスケジュールに入れるには向いてないっぽい。
今のところ、、10回やって最後の1回で10秒止めるというやり方をしている。
公式な回数や秒数が多少違っているだろうが、効果の差はそんなにないだろう。
毎日やってたときはこれで、毎日一日中筋肉に心地よい張りがある感じで、効いてる実感があった。
しかし、今みたいなスケジュールに組み込んでいると、このやり方じゃあきらかに物足りない。
一応、3セットにしてみるなどしたが、時間がかかって疲れるわりに、効いてる時間が短い気がする。
これじゃ筋持久力は鍛えられてるかも知れないが、目的の速筋はあまり鍛えられてないかも知れない。
ということで、スケジュールからブルワーカーを外した。



水土:(朝)スローでニートゥチェスト(夜)加圧でスクワット
木日:(朝)スローでアームレッグクロスレイズ(夜)ヘビー→加圧でダンベルカール
金月:(朝)スローでプッシュアップ(夜)ヘビーでトライセプステンション→加圧でリバースプッシュアップ

先日旅行に行ったとき、旅先での筋トレはしなかったわけだが、
今後はするかも知れないので、持ち運ぶ道具をなるべく少なくしたいとも思っていた事も一因で、
また、子供が遊ぶとするような器具はなるべくそこら中に放置出来ないという事も考えて、
結局ブルワーカーとステッパーをしまっておく事を決断した。
ダンベルにはどうしても依存してしまうが、自重で出来る物の割合はこれでだいぶ増えた。

スロトレは四種類をやる事になっていて、そのうちの一つであるアームレッグクロスレイズは、
いまいちどうやればどこに効くのかがまだよくわかっていない。
しかも、3セットやったら左右逆にしてもう3セットやるわけだから、他の種目の倍の時間がかかる。
時間がかかるわりにどこを意識すればいいかわからないから、散漫になってしまう。
最も難しく、うまく行ってない種目だ。
ただ、1セット目は安定してるのに3セット目はぐらぐらしてるから、どこかには効いているはずだ。
今のところ一番きつい部位は、支えてる方の腕かしら。
よくわからない種目だ。

プッシュアップは加圧でやると腕に効く前にバテてしまうので、スロトレでやる事にした。
加圧ではリバースプッシュアップをするが、これでもなかなかうまく効かせるのはまだ難しい。
普通のプッシュアップをしたりリバースにしたりして、なんとか10分で効かせるようにもがいている。
それでもうまく行かないようなら、ダンベルを使ったヘビーのみに期待する事になるかも知れない。

スクワットは加圧で十分にうまく行ってるので、スローとダブる必要はない。
べんりーベルトではどうも長さが合わず、スクワットの加圧がなかなかうまく行かない事で、
逆に、今まで使っていたバンテージサポーターでの加圧がうまく行っていた事を確認できた。

筋肉が付いてきている実感があって大変満足しているが、付いた筋肉を観察するのに贅肉が邪魔だ。
特に腹の贅肉を落としたいので有酸素運動もしたいのだが、毎日長時間やるのはつらい。
筋トレの後で激しく短時間、狂ったように踊っておしまいみたいなカロリー消費が出来ればいいのだが。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。