人間VS短足人間

1191 letters | 926 views | コメントする

ガンバVSマンUの話。
近年で最も面白かった。
後半に念願の1点取ったとき、プレミアとJの差が縮まってきていると言って喜ぶ解説が入ったが、
それってつまり、縮まってきてはいるけど差があるなっていう気持ちが思わず出ちゃったんだよな。
まだ試合中にもかかわらず、互角とかガンバの方が上だという風に見る事はどうしても出来なかった。
やっぱり元日本代表でもそう感じるわけで、感じないのはヒデだけだったのだろう。
今思えば、日本代表がW杯で活躍できると信じてたのは、ヒデを信じていたからだったんだな。



なんだかんだ言っても、クラブW杯は面白くて毎年見ている。
レッズの時も思ったが、ヨーロッパのクラブと対戦すると、体格とか歩幅とか躍動感とかがだいぶ違うな。
よく、こういうときは大人と子供にたとえるが、ガンバも子供って言うほど無力ではないんだよ。
サッカーの技術というソフトウェア面では善戦してるが、ハードウェア面のスペックが足りてないんだよな。
人間の大人と、人間より足が短い種族の大人がサッカーしてるとこんな感じかな。
ハードウェアに依存しない部分では結構うまくやってて、その事を「差が縮まってる」と言ったのだろう。
ソフトウェア面の差が縮まっても、ハードウェアの差は将来もこのままって気はする。
しかし日本人は、ハードウェアの差を乗り越えるかも知れないという、「柔よく剛を制す」が好きだ。
昨日の試合も、同じ短足人間である日本人に大変勇気を与えたと思うよ。

クラブW杯には開催国枠などという不名誉なポジションがあり、今のところ使わずに済んでいるけれども、
この枠があるおかげで、毎年Jリーグとヨーロッパや南米との差を見れるわけで、すごく貴重だと思う。
クラブW杯になってからまだ、ヨーロッパと南米以外のチームが決勝に上がってないが、
いつかハプニングが起るかも知れないし、それがJリーグのクラブだったらと期待して見てしまうよ。
別にJのクラブが出るかどうかを差し引いても、ゴールデンタイムで地球一決定戦を見れるわけだし、
ずーっと続いて欲しい大会だ。
クラブのW杯さえあれば、日本代表でのW杯出場はどうでもいいくらいだ。

で、やっぱり点数が入るサッカーは面白いよ。
落ちてきた日本代表の視聴率を上げるためには、勝つ事より点数が入る事を優先すべきだと思った。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。