夢でも出入り計算

1494 letters | 805 views | コメントする

むしろ歓迎すべき事である。
http://wantech.ikuto.com/diary/55igo/2008/08_0125_1230.htm
ヨセも、あまり勉強してなかったところを初めてみっちりやったから、初めて夢に出たようだ。
夢を見るほどにみっちりやったから、ちょっとは上達したと言うことかも知れない。



強くなるヨセの知識はだいぶ読み進み、数えるのが難しい問題ばかり。
自力で数えて納得できるようなやさしい問題はほとんどなくなっている。
難しくてついつい読み飛ばしたくなるところを我慢し、わからなくても比較する。
頭使いすぎて、日常生活でもボンヤリ気味になっているのが実感できる。

よく分かるヨセの基本は、以前読んだ時より、その後別の勉強をして今回読み返したことで、
説明を納得できる部分がだいぶ増えた。
納得できなかった直後に読み返すより、ある程度違う事をしてからの方がいい事もあるようだ。
強くなるヨセの知識も、そのうちもう一度読んだ時には、もっと納得がいくようになるかも知れない。
もうすぐ読み終わるけれども、さすがにすぐ読み返す気になれない。

囲碁未来の定期購読が切れるのだが、延長を申し込む振込用紙が到着した。
1年だけでなく、3年にすると割引するよと言うことも書いてある。
先月は振込ではなく、自動引き落としにしましょうという用紙も来た。
まぁ、この先も何年も囲碁未来を読む気なら自動でも良いのだが、そんな先のことは分からない。
問題は今継続したいかどうかなのだが、実際のところ迷っている。
NHK囲碁講座テキストも毎月買っているが、そっちの方が面白いので、減らすなら囲碁未来なんだよな。
雑誌は毎月来るので、読むのにも期限がある。
よって、読んでない本がある時は、雑誌の方を優先で読んでるので、
欲しくて買ったはずの本がなかなか読めなくなる。
要するに、他の本より優先して囲碁未来を読みたいかどうかなんだよな。
初心者向けの雑誌だからもう少し継続して読みたいけれども、
これから一年間も、他の本を読む時間を削って優先して読みたいかと言われると疑問だ。
あたしは他の本もいろいろ読みたい。
だから、月に雑誌二つこなすのは難しい。
定期購読はたかが7500円で、迷うような大きい金額ではない。
しかしこれから一年間、月に二つも雑誌を読む時間があるかどうかだ。

だからって囲碁未来をやめるとなると、棋院の会員でもなくなるんだよな。
囲碁未来じゃなくて碁ワールドか週刊碁に乗り換えて、会員継続という手もある。
そういうつもりで検索してみたけど、どっちもあたしには要らなそうな内容だ。
それよりなら囲碁未来だ。

金で迷っているのではなく、時間で迷っている。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。