Vistaのレジストリ

Nero由来スプリッタでも、標準スプリッタと同じ症状だった。
結局、MPEG2の時のみGabestスプリッタを使うよう、どうにか考えるしかない。
考えるっつっても、やることは決まっている。
変更できないレジストリをなんとしても変更する。



UACオフでもダメ、「管理者として実行」でもダメ、セーフモード起動でもダメ。
ググってもなんにも出てこない。

でも、レジストリエディタに気になる操作があって、それをやってみたらうまくいった。
「編集→アクセス許可」っていう項目で、変更できないキーのアクセス権限を変えられる。
あぁ、そういえば、ファイルの方もこのアクセス許可の項目があって、ゴミファイルを消せない事があったな。
消せないファイルの消し方と同様の方法で、変更できないレジストリも変更できちゃう。

所有者がTrustedInstallerになっているので、Administratorを所有者にする。
で、everyoneを追加して、everyoneにフルコントロールを付ける。
これでもういじり放題。
レジストリエディタでいじるのが怖ければツールでいじるなりする。
いじり終わったら、安全を考慮して、everyoneは削除しておく。
所有者はたぶん元に戻す意味はない。

まぁ、Vistaでセキュリティが向上したといっても、手間がかかるようになっただけって事だな。
ピッキング対策で、ピッキングできない鍵を付けるより、鍵を二重にして手間をかけさせるようなものだな。

ともかく、Gabetスプリッタを、標準MPEG2スプリッタよりメリット値が高くなるよう変更、
さらに、標準MPEG1スプリッタを、Gabetスプリッタより高くなるよう変更して、
エロペガ2でエロ動画を再生する環境は整った。

エロペガに動画ファイルを関連付けさせるっていう機能も、Vistaでは出来なくなっているのだが、
これもひょっとしたらアクセス許可の影響で、管理者として実行すればエラーは出なくなる。
でも、エロペガから関連付けを実行した後、対象ファイルのプロパティで手動で変更が必要。

DVD再生については、エロペガ開発当初はまともに動いていたのに、今は動いていないようだ。
その当時はどのDVDで動作確認したか忘れたが、今手元にあるDVDは一つしかなく、
そのたった一つが再生できないのでどうにもならない。
この問題もまた、適切なコーデックをインストールするとか、メリット値を変更して解決できるかもしれないが、
やる気がないので、DVD再生機能自体をなくしてすっきりさせよう。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。