いったんキャンセル

1650 letters | 670 views | コメントする

Amazonで予約の本と一緒に別の二冊も送らせるつもりが、
その予約の本がちょっと遅れるからって、二冊の本を先に送るよとメールが来た。
発送が分割になるからといっても、送料が増えるわけではないと注意書きがあった。
その予約の本は何日か待っても構わないんだけど、他の二冊は早く欲しいんだよね。
今やってる詰碁はもうすぐ一周目を読み終わるから、次の本が送られてこないと困る。
ということで、予約していた定石の本もろとも、布石二冊も全部、いったんキャンセルした。
キャンセルしてもちろん、書店に布石の本を二冊買いに行った。
Amazonにさえ入ってない本が書店に並んでるはずはないが、ちょっとだけ期待して探した。
まぁ、やっぱりなかったので、目的の布石を二冊買ってきた。



詰碁の方は、前半に出てきた簡単な問題を応用し、後半はもっと難しい問題を解く内容だった。
だから、前半の簡単な問題が解けて喜んでいると、後半難しくて泣くことになる。
でも、前半を暗記するほどやり込めば、後半も簡単に解けるようになるんじゃないかと期待している。
それが他の詰碁にも応用が利く形であれば、暗記することはむしろ歓迎。
で、その本はもうかなり終盤で、解けない問題も多いけどやる気が出る良い本だと思った。

布石を二冊買ったが、本のタイトルもそっくりで、内容もそっくりなようだ。
週刊碁とかいうやつに「ベスポジを探せ」という連載があるそうで、
それを2002年にまとめたのが天下初段シリーズのベスポジ、2006年にまとめたのが布石の眼力。

天下初段はその名の通り、初段あたりを対象にした内容なんだろう。
17のテーマに分かれていて、例えばヒラキの章ではどこに開くかの問題が続く。
問題には選択肢が付いていないので、ひと目の布石より難しいかもしれない。
でも、ヒラキの章だったら正解はヒラキだとわかってるので、逆にひと目の布石より簡単かも。
あと、ひと目は問題図の下にヒントがあるけど、天下初段はそういうのがない。
正解の図はひと目の布石と同様に二枚だし、解説の文章の量も似たようなもの。

布石の眼力は左ページに問題が二つ、めくって右ページにその正解図が各一つずつ。
だから他の問題集形式の本より二倍の密度になっているわけだ。
白江式詰碁もそういうスタイルだったな。
全部解けたら高段者で、半分くらいで初段っていう感じらしいので、レベルは高そう。
選択肢が付いている問題もあれば、付いてない問題もある。
カバーは丈夫だし、本当に高段レベルになるまで長く使えそう。

布石の問題には本当に弱く、答えを見ても納得できないので、詰碁以上に練習が必要だ。
だからどっちにしろ両方やる予定だが、やっぱり成功図と失敗図が書いてある天下初段に手を付けた。
ひと目の布石でわからないところの補足とかも目的の一つなので、説明は多い方が良い。

483992578X
483992578X

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。