横田早紀江を大臣にすれば?

1494 letters | 504 views | コメントする

サプライズ人事ってやつさ。
民間人がいくらアクティブに動き回っても、同情を買うことは出来るだろうが、
マスコミのネタになるだけで、独裁国家と交渉できるわけではない。
そうすると、当事者はこんなつらい思いをしてるのに、政府は何してるって話になる。
拉致問題の解決は、日本国民全体の総意であり、横田さんの個人見解ではなく、
横田さんの発言は日本国民を代表する発言に等しい状態である。
であるにもかかわらず、民間人であるがために、発言に何の力もない。
小泉首相が靖国参拝したら、いくら個人的だといっても国家の意思だと取られる。
すなわちだ、日本国民がみんな拉致問題の解決を望んでいるわけだから、
横田さんの発言を国家の意思であると世界に知らしめるべき地位を与えるべき。



だが、総理大臣ってなっちゃうと、拉致の被害者なだけの一般人にはちょっとね。
外務大臣にしても、じゃぁ他の国との外交はどうするんだって事になるんだよね。
よって、新たに特別会計を有する拉致被害対策省を設立し、
朝鮮との外交には外務大臣も総理大臣もタッチせず、
すべて拉致被害対策大臣を通じて行うことにしてしまえばいいわけだ。
そしてその初代大臣には、被害家族である横田早紀江さんを任命する。

彼女が返してくださいと言えば、それは日本国民全員が返してくれと言ったと同じ。
彼女が経済制裁を望めば、今すぐに経済制裁が行われる。
この拉致は、大臣の娘に対するVIP拉致であり、普通なら宣戦布告となるわけで、
絶対に朝鮮は解決に応じなければならなくなるのだ。
そしたら被害家族全員が持ち回りで大臣をやっても良いし、横田さん続投でもいい。

解決する気があるならそのくらいのことは出来るはずだが。
支持率操作の道具として以外、解決する気がないからしないんだよな。

さて、解決する気がないらしいので、韓国人の被害者と表面上仲良くやってるな。
でも韓国は、解決する気どころか、交渉する気すらないし、
拉致されてもどちらかといえば加害者の味方であり、
被害者も、連れて帰ることが無理なら朝鮮に移住しても良いって考えている。
韓国はまだ自由も民主主義もなく徴兵制がある後進国家であり、
現在は日本を仮想敵国と教えることで、ゆがんだ愛国心と差別心をはぐくんでいる。
彼らを我々と同じ人間としてとらえて、協力しようという発想自体に無理がある。
使い物にならないので、韓国のババァとその娘のことはさっさと忘れるべきだ。

韓国の問題を解決してあげる必要などない。
日本の問題を、日本が独自で解決することだけをまずは考えろ。
だから大臣就任させれば楽々解決できるだろうが。
続く。。。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。