宅トレのモチベとディップス挑戦

家に帰ったらミスドが買ってあって、自分の分を選んだけど食わずに筋トレを始めた。
別にカロリーを気にしたりとかではないので、あとでじっくり食ったんだけれども。
早くドーナツ食いたい欲より、早く筋トレしたい欲の方が強いって話題。
宅トレってのは、帰宅することがジムに行くことと同義となる。
おそらくほとんどの人はジムに行くまでがしんどくて、行ったら楽しめてるんじゃなかろうか。
じゃぁ自分を強制的に毎日ジムに行かせるには、ジムに住めばいいんじゃないか。
とは言え予算とかあるわけで、安いダンベル、安いバイク、安いチンスタぐらいしかない。
ちゃんとジムに行かなきゃ出来ない種目はいっぱいある。
でもジムに行かなきゃ鍛えられない部位はないので、全くジム必須ではない。
YouTubeでジムのマナーみたいなのを予習すればするほど、絶対にジムに行きたくない。
あたしは上裸で1時間近く器具を独り占めして、消毒もマスクも要らず、我流で好き放題やってる。
むしろジムでは何も出来ない。
おそらく一般的な王道の筋トレ方法は、ジムで出来る範囲での王道が構築されてるはず。
公の場で出来る範囲の筋トレな時点で、いかに良いマシンを揃えてようが不自由だ。
他人の考えた筋トレは出来ても、自分の考えた筋トレが出来ないと行く意味がない。
家の隣がジムでも行かない。
そう思えてるくらい、宅トレに不満がなさすぎる。
この調子で、果たしていつまでミスドより筋トレが楽しみだって言い続けるだろうか。

あたしは大胸筋の発達を恐れているので、ディップスという種目は意図的に避けてきた。
やってみようとしたことはあるが、姿勢が安定しなくてどこかを鍛えられるレベルじゃなかった。
弱いからこそディップスが出来ないし、発達させたくない部位でもあるからやらない。
弱いまま、出来ないまま、その方が良い種目だ。
ただ、ユーチューバーがやってるのを見て時々マネしたくはなるのよね。
時々マネして出来なくて挫折するだけ。
まだちゃんとできた試しはない。

昨日はヒサノのディップス動画を見たら、親指側に重心をかけろって言ってたので試してみた。
これは意識したことがなかったので、これだけで変わるなら一回試してみようと思った。
まぁ、やってみたら運動神経が悪くて、その握り方自体がまともに出来てなかったかも。
ちゃんと言われたことが出来てないかも知れないが、一応、握ったからには上げ下ろししてみた。
そしたら左肩が痛くてケガしそうだったから、すぐやめた。
腕立て伏せでは右肩が痛くなりがちだが、ディップスでは逆に左肩が痛くなる体質かな。
ヒサノが悪いわけではなく、ヒサノの言ってることを正しく実践できないポンコツが悪い。
ポンコツじゃない人には良い動画だろうけど、ポンコツにはマネ厳禁の危険動画だった。

今朝はゲントのディップス動画で、肩が痛い人は体を丸めろって言ってるのを見て試した。
ATOKさん「肩が痛い人は」を「片貝堆肥とは」って変換するセンス。
体を丸めて数回ディップスしたら、確かに肩は痛くない。
ただどこかに効いたかどうかもわからん。
もう既にケガする種目なんじゃないかとビビってしまって、それ以上やってみる気にならなかった。
でもたぶんまた少しずつ練習していくと思う。
痛かったらすぐ練習やめる。

ヒサノの方にもゲントの方にも、教えて貰ってうまくいったよってコメントが付いている。
自分に合うやり方がみんな違うようなので、色んな動画を参考にしていきたい。
そしておそらく運動神経が悪いと危険そうなので、あまりやり込まずほどほどに取り入れたい。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。