まだ日本製を信頼してる老人

筋肉系のYouTubeばっかり見てるが、某筋肉系ユーチューバーがハゲたくないらしい。
長時間のライブ配信だったので全部は見てないが、正規ルートのフィナステリドを検討するらしい。
でもSEO対策してるクリニックばかり表示され、ぼったくられそうで疑ってるとも言ってた。
あたしの印象では、正規ルートは全部ぼったくり。
薬が手に入れば良いだけなんだけど、なんせ薬だから医者の処方箋が介入する。
医者も処方箋に責任が発生するから、責任を持つ分は報酬を貰わなければ割に合わない。
この構造のせいで1日あたり10円の薬が300円になる。
正規ルートでは必ず「日本製で安心」って事を売りにして、だから高くて当たり前だって言ってる。
未だに日本製が高品質とか安心安全とか言う発想は、かなり年配のハゲだなって感じる。
昔、日本のパソコンがNECと富士通だった頃、海外ではWindowsが普及して取り残されてしまった。
あわてて国産のWindowsパソコンも出てきたが、海外部品で組み立てた高価格低性能ばかりだった。
もうその頃から、少なくともパソコンは日本のメーカーを買う人は情報弱者だった。
今はスマホもそうだし、テレビは海外資本に身売りしてるし、電気屋にある物は全滅だな。
あたしが子供の頃は、電気屋にある物こそ日本製が一番だったのに、今は真逆になっている。
電気すら負けたのに果たして電気以外は、まだ日本製を選ぶべきものって残ってるのかと。
野菜とかも残留農薬の基準が諸外国よりゆるく、日本製が一番危ないって言ってる人もいる。
サプリも海外のような安全基準に従ってなくて、かつ高価で老人や情報弱者を食い物にしている。
こんな情勢ではハゲの薬も、国内正規ルートよりも個人輸入の方が高品質で安全かも知れないのよ。

あたしは怪しい国の怪しいメーカーの薬をいろいろ個人輸入している。
怪しい国って言ったって、それは日本がまともな国だという思い込みで比較している。
下手したら相手の国の方がよっぽどまともで、日本の方が怪しい国かもしれない。
怪しいメーカーだと思ってるけど国際的な名の知れたメーカーかも知れない。
日本だけでしか商売してないメーカーを信頼し、世界を相手に商売してるメーカーを軽蔑している。
日本ボケして日本のメーカーしか知らない情報弱者が、世界的メーカーを怪しいと感じる。
果たして諸外国では、日本の薬とその怪しい国の薬とどちらを信頼して選ぶのだろうか。
未だに日本製が選ばれると思ってる人はもう相当なお歳なんじゃなかろうか。

ま、あたしは品質で選んでるわけじゃなく、貧乏だから海外の薬しか買えない。
ハゲを薬で阻止し続けて10年以上なると思うが、果たして何十万、何百万円節約しただろうか。
他にも色んな薬に色んなリスクがあり、医者に行かずに薬だけ買って節約することは超危険だ。
超危険だけど貧乏だから節約しちゃう。
最も節約した結果、日本の薬がもし一番安いなら日本の薬だって買うよ。
いまはロキソニンのジェネリックなんかが十分に日本製で安く、ま、安物の品質は問わない。
医者に行かず自己判断だって事はもちろん危険なんだよ。
けど海外製だから危険かどうかってのは、ちょっともう日本製を過信する時代は終わったかなと。

某ユーチューバーもぼったくられたくないなら、国産と個人輸入の価格を比較したらいい。
医者が嫌いらしいが、医者と付き合わない個人輸入だって合法だから毛嫌いするものじゃない。
国産は薬の安全性を謳ってるけど、そこも疑ったら良いのになと。
どうせ副作用は一定確率である。
海外産の方が低品質で副作用が出るみたいに考えてるなら、もうジジイなのかなと。
医者を通しても通さなくても、全て自分が決断して薬を飲むことになる。
どうせフィナステリドを飲むと決めてるなら医者を通しても通さなくてもどうせ飲む。
副作用が出ても医者にどうするか相談するだけで、続けるかやめるか自分で決断する。
決断をいちいち医者に相談する手間賃がかかるだけで、何もメリットはない。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。