腰を痛めず腰の近くを鍛えたい

類似品のパワーブロックで、ベントローみたいなデッドリフトみたいな事をやっている。
しかし運動神経やセンスに問題があり、効かせることと痛めないことの両立が難しい。
筋トレ自体が痛めるための行為だが、良い痛みなのか悪い痛みなのかわからなくなる。
やってるうちにストレッチを感じるとついストレッチさせたくなって大きく曲げてしまう。
疲労で可動域が狭まると、それが効いてるかのような気がして気合いでもっと継続しようとする。
そうして他の筋トレ種目と似たような手応えを求めてるうちに、ついつい安全性をおろそかにする。
逆に安全性ばかり気にしてると、全然満足感が得られない薄い筋トレになる。
あとなぜか僧帽筋と三角筋に効いちゃって、背中に良い感覚がない事もある。
すなわちとても下手。
あたしはアブローラーも下手で腹筋に効かなかったけど、アブ台車にしてから毎日効いてる。
いや「効いてる」は感覚的なものであり、筋肥大したとか言うことではないけれども。
よその人にとって相性が良い種目と自分にとって相性が良い種目は違って当然だ。
アブローラーが下手だし手首も痛くなるしで、あたしはやるべきでない種目だった。
そう言う経験から、ベントロー的なやつも自分には合わない種目の一つだと割り切りたい。
アブ台車で前面、ベントローで背面に痛みがあり、日常生活で同時に痛みを感じるわけだ。
さすがに前面は筋肉痛だろうけど、背面が筋肉痛じゃなくて悪い痛みな気がして不安がある。
念のため、物足りない重量でパンプを感じる程度までに抑制しつつ、まだ練習を続ける気だが。

これはパワーブロックを買っちまったせいで、道具を使うことが目的になってる種目だ。
この種目をやめちまうと、ブルガリアンスクワットとプレスにしか使わない。
アジャスタブルベンチを買えば安全に引けそうだが、引くためにしか使わない道具は買いたくない。
鍛えるために道具があるのであって、道具を買っちまったから使うしかなくなるのは本末転倒だ。
けどベントロー的な種目をやめたくない理由は明らかにその、買った道具がもったいないからだ。
だから心の踏ん切りでやめられるはず。
でもだったら代替種目をやろうとしてて、その代替種目もパワーブロックを使おうとしてる。
背中を鍛える代替種目じゃなく、パワーブロックを使う代替種目を探すというエラーが起こってる。

上から引く種目と前から引く種目は自重でどうにか出来る。
下から引く種目だけパワーブロックでやろうとしてた。
で、ここはゴムチューブを下から引こうかなって事も試してるところ。
けどパワーブロックを使った場合と同等の負荷を求めると、結局は同等の悪いダメージも起こりそう。
ゴムの利点は重力の方向を無視出来ることなので、それを利用して全然違う種目を発明したい。
ゴムを重りの代わりに使った種目をやるくらいなら重りを使った方が良い。
重りとは別の発想で、ゴムだからこそ出来る背中の種目ってどうにか見つからないかな。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。