香港到着タイシンガポール待ち

EMSで発送されたタモキシフェンが到着したので、緊急のステ中止にも対応できる安心を得た。
クロミフェンはまだ追跡が表示されてないが、どうせ間違えて買ったような物だから心が離れた。
それよりもダナボルDSが、国際交換局から発送でステータスが動かないのが気になってしまう。
どうやらタイ発送はここからが結構長いらしい。
頼んですぐ追跡できるようになったから、下手したらEMSのタモキシフェンより早く来るかと思った。
追跡できるようになるまでが長い国と、追跡できるようになってからが長い国があるらしい。
早く到着するのであれば早く飲みたい。
今はハロフルオックス1日2錠で満足しているが、1錠減らしてダナボルを2錠足してみたい。
あたしの目的は今や、筋肉増だの脂肪減だののドーピング効果より体感的な満足を重視している。
どれだけ鬱を遠ざけるか、どれだけ性的な意欲をかき立てるか、って所もかなり重要だ。
普通は男性化作用が低くて筋肉増加作用が高いステロイドが好まれるはずだ。
しかしあたしは加齢による男性ホルモン低下を補うっていう目的が今一番大きい。
筋肉だ脂肪だも非常に重要ではあるが、まずは心と下心を優先にしたいと今は思ってる。
ついでだと思ってた物が本命になってしまった。
そうなったとき、そもそもホルモン補充療法の為にも使われてるハロフルオックスは正解だ。
心目的のハロフルオックスと筋肉目的のダナボルと、両方摂取したいなと思ってるところ。
ダナボルの1錠14円と比べたらハロフルオックス1錠62円は高いけど、他じゃ代替出来なさそう。

ハロフルオックスを飲み始めて10日目だけど、自分でも陽気だなぁと感じている。
ちょっとテンションがおかしいかも知れない。
別にテンションを上げる薬物ではない。
加齢による男性ホルモン低下で鬱っぽくなってたかも知れない状態から、回復しただけかも知れない。
なんせ心の問題は気のせいかも知れない。
本人の体感としてはとにかく心に一番効いててめでたしめでたしだ。
今後も個人輸入で簡単に入手できる状態が続くのであれば、他を削ってでも優先で継続したい。

心への影響がもし他のステでも満たされるなら、もっと安いやつに乗り換えたい。
例えばダナボルでも効くのであればとても安上がりなので、試したくてうずうずしている。
その次ぐらいに安く入手できるウィンゾロンってやつも興味ある。
DHT派生のステがDHTと同じくらいハゲるのかどうかって事がよくわからんのよ。
ほとんどのDHT型ステロイドは、テストステロンと比較して男性化作用が低い事になっている。
男性化作用の強弱じゃなく、DHT型かどうかでハゲるかどうかが決まるのか?
たかが見た目の変化でしかないハゲはともかく、見えない前立腺の害は好ましくない。

どこかのレビューで筋肉痛が軽減されるかのように書かれてたが、あたしは逆だな。
もしかしたら、薬を飲んでるからって張り切りすぎて、いつもより筋肉をいじめちゃってるかな。
もしかしたら、薬を飲んでるくせにタンパク質摂取を増やしてないから栄養不足かな。
ケガしたり痛めたりという状態にはなってないので、それが何よりだ。
自重しか使ってない分、激しい動きで重さを発生させてるので、ケガには十分注意したい。
首腰膝などが今はどこも不調でない。
ただ筋肉痛があるだけ。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。