アナドロールの特徴

オキシポロンという商品名で個人輸入できるオキシメトロンは、アナドロールが元祖。
強力だという評価は多いが、安全だって話と危険だって話と両方出てくる。
17メチルなので肝臓に悪いのは当然で、5α還元型なのでハゲるのも当然。
この薬が他の薬と最も異なる点は、エストロゲンのレセプターに反応することだ。
男性ホルモンでありながら女性ホルモンとしても働き、おっぱいがガイノになっちゃう。
他のステロイドではハゲやすいかガイノになりやすいかどっちかしかない。
ハゲるステはその代わりガイノにならないって原則から外れたのがアナドロールだ。
ハゲるしガイノにもなるし、経口だから肝臓もやられる覚悟が必要。
アナドロールが危険かどうかについて意見が分かれるとすればこの特徴をどう考えるかだと思う。
アナドリンと言う商品名のオキサンドロロンは、アナバーって名前が元祖。
ウィンゾロンという商品名のスタノゾロールは、ウィンストロールが元祖。
これらはガイノにはならないが、ハゲるし肝臓にも悪く、効き目も弱いって部類。
強いやつは女性ホルモンで水分貯留を発生させることが重要な条件なので、ガイノのリスクがある。
それが発生しないステはその分ちょっと負けている。
しかしDHT型はテストステロン型より何倍も強いらしい。
ハゲるリスクのないステよりはハゲる方が強力で、ハゲもせずガイノにもならないステは一番弱い。
ハゲてガイノにもなるアナドロールがどれほど強力かは、副作用を見ればわかるとおり。

ハゲないがガイノにはなるダナボルDSを、安いからって500錠も注文したわけだ。
安いからって1日何錠も飲めば、肝臓も痛めるしガイノにもなる。
あたしが今考えてるのは、ハゲるステとガイノになるステを少量ずつ飲んだらどうかと言うこと。
ハゲるステはハゲないステより強力ではある。
ガイノになるステは筋肉が発達しやすい水分貯留を起こす。
ダナボルで水分貯留させといて、アナバーかウィンストロールでDHTの効き目を出せばどうよと。
ガイノにならない程度とハゲない程度の、二つのステを混ぜて飲めば効果アップしそうだろ。
ステのDHTが本物のDHTと比べてどの程度の害があるかによっては検討したくなる。
ハゲるしガイノにもなるアナドロール単品と比べてどんなもんだろうか。

値段で比べたらウィンゾロンってやつが量も多くて安く売ってる。
ダナボルとウィンゾロンを一緒に飲めば、副作用を抑えて安く強力に効くのかなと考えている。
まだ買わないけど興味を持った。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。