簡単なiPhoneを難しく使ってる

iPhoneで脱獄してるといくつかメリットがあるけど、メンテが必要で面倒くさい。
現時点では、将来も修正不可能な脱獄関連の穴が見つかっているらしい。
でもそれを利用する脱獄ツールがMacでしかリリースされていない。
Windowsしか持ってないので、それより古い脱獄方法を利用している。
その古い方の脱獄ってのが、一回やったら終わりの簡単な物じゃないんだよね。
脱獄を行うにはまずApp Store外からツールをインストールする必要がある。
iPhoneはセキュリティ上、App Store外のツールが起動しないようになっている。
でもアプリを作ってる人はApp Storeに出す前に自分で起動して試す必要がある。
その仕組みを悪用して脱獄しているってのが現在のメジャーな方法だ。
悪用だから、Appleもちゃんと対応してて、そういう開発者はすぐBANされちゃう。
脱獄ツールをインストールした時点では使えてたのに、数日後にはもう使えない。
脱獄はiPhoneを起動するたびにツールでやり直す必要がある。
ツールの開発者がBANされてると、戻すことも脱獄することも出来なくなる。
んでそれの救済措置として、自分のIDで開発者のふりしてインストール出来る。
それは一週間で切れちゃうので、常にやり直す必要があり面倒くさい。
しかも現在そこに不具合が出ていて、やり直しが出来ない。
脱獄のメリットが、脱獄のデメリットを上回れなくなってしまった状態にある。

さっさとその新しい方の脱獄がWindowsに対応して欲しいところ。
でもその新しい方も、パソコンにつながないと再脱獄できない仕組みだ。
iPhoneを再起動したらまたいったんパソコンにつなぐ。
再起動しなきゃ良いだけだけどさ。
今はパソコンとつながなくても良いけど、開発者の署名のメンテが面倒すぎる。
そういうこともあり、とりあえず入獄しちまうかって思ってる。
電話用iPhone7は、カメラのシャッター音を消すくらいしかしてない。
ゲーム用iPhone11は脱獄してなくて、ゲーム用サブiPhone7はリセマラで大活躍。
リセマラは特定のファイルをいじれば高速に出来ちゃう事が多いからなぁ。
しかもID登録しないで特定ファイルの入れ替えでアカウント保存出来たりするし。
まぁ、しばらくリセマラの予定はないが。

今後も、脱獄した後にどれだけ手間がかかるかが、脱獄するかどうかの決め手になる。
もういい加減に、シャッター音が鳴っちゃうことにも慣れたしよ。
最悪リセマラはNoxでやるしよ。
ほんとにもう脱獄が必要な理由はほとんど残っていない。
もうAppleも折れてくれないかなぁ。
脱獄を見逃すか、シャッター音やファイル操作に自由を与えるか。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。