1年ぶりにSSD病再発

去年、Windows10の大型アップデートがあったとき、しばらくSSDの調子が悪かった。
その去年の問題は、1ヶ月くらいで一度解決している。
ちょうどウィルス対策ソフトの入れ替えがきっかけだった。
だからきっと、SSDが悪いんじゃなくソフト的な問題だと思ってたんだ。
今年、またWindows10の大型アップデートがあり、SSDの調子が悪くなった。
同時に購入したパソコンも、ほぼ同じ構成だが問題は起こっていない。
これはきっと、SSDの方がブッコかなと思わざるを得ない。
去年の時点でいったん完全回復してるので、もうすっかり忘れていた。
でも間違いないのは、Windows10のアップデートで何かが変って症状が出たんだ。
去年も今年もな。
どうにか、Windowsを使わないで済む世の中になって欲しいものだ。
1時間ぐらいかけて、強制的に大型アップデートをさせるわけだよ。
SSDだから音はしないけど、HDDと同じように相当な負担をかけて作業するんだろう。
それこそSSDでWindowsを動かすなんて、WindowsにSSDを壊される自殺行為だ。
いや本当にSSDの故障かは知らないけど、一応、早めに新品を買って移してみたい。
SSD以外の機械の故障だったらそれもいやだなぁ。
あと今後のWindows10大型アップデートも怖い。



たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。