4.3.3が来た

1674 letters | 1064 views | コメントする

5.01で文鎮化したiPhoneが交換で5.0.0になり、さらにそれが通話の不具合で交換して4.3.3が来た。
4.3.3のままで脱獄して使うか、5.01にして脱獄して使うか迷うところだ。
1個目のiPhoneでSIMなし病が出たのはiOS5アップデート後だったこともあり、
5には良い印象がなくて4のままで使えるなら4でいたいとも思っていたところだが、
結局SIMカードの交換までしたわけだから、5にアップデートしても大丈夫かも知れない。
むしろ、また故障するかも知れないし、その時どうせiTunesで最新の復元させられるし、
普段から4.3.3で使うメリットの方はじゃぁあるのかどうかってのも関係する。
それであらためて、iOSの4と5とどっちが良いのか検討中。



って、検討してる間に使えないのも何なので、とりあえず4.3.3で脱獄して使ってる。
しかし気になるのはCydiaにSHSH5.0.1とか書いてある事だ。
5.0.1で行ったバックアップは4.3.3に書き戻すことが出来なかったので、
今回は新しいiPhoneとしてゼロから設定したんだから、そこにそういうことが書いてあるのは謎。
5.0.1で脱獄した後に故障した本体と、脱獄してない4.3.3の故障品のジャンクを組み立てたんだろな。
そういうことがあると将来のダウングレードとかは心配なので、もしiOS5に行くなら戻らない覚悟が必要だ。

一番気になるのは、何が出来るかとかよりも基本性能の部分だ。
たとえば古い方にあったバグが解決されてるとか、逆に新しいバグが盛り込まれてるとか、
バッテリー使用量の効率化がなされたとか、逆に常駐モノが増えてダメになったとか、
あと機能が増えたせいでメモリーが圧迫されるようになったんじゃないかとか、
それらはどんな使い方をするにしても関係してくるわけだ。
しかし4.3.3のままでSBSettingsを入れてメモリー残量を見てみたが、別にiOS5と変わりない感じで、
アプリの動作状況からも、あえて古い方を使っても目立った軽量化を感じない。
iOS5が重いってどういう状況なのかググって見ると、文字入力でばっかり重さを感じているようで、
文字入力は重くなったんじゃなく、反応の仕方が変更になったらしいし。
バッテリー持ちは多少変わったかも知れないが、先月までiOS5で満足してたんだから別に良い。
良くなってることはあっても、悪くなってしかも困ると言う事はないと思うんだよね。

逆に良くなったことにメリットを感じたかと言えば何も感じなかったのも事実。
Androidと共有出来ないiCloudは使い道が見つからないし、
通知センターはSBSettingsしか入れてないのでiOS4と変わらないし、
本棚のアプリは無料と見せかけた有料雑誌ばかりなので、邪魔なだけで常に空っぽだし、
増えた機能は何も使ってないしこれからも使いそうもない。
何も良くなってないからこそ、だったら古いままで良かったという思いが働き、
ついつい4.3.3で使いたくなるが、いざ使ってみるとべつに4.3.3でも軽くなるでもなく特に良い事はない。

今月の連続文鎮化があって今なので、しなくても良いアップデートはなるべくしないで使いたい。
しかしセキュリティーホールが埋まる前にアップデートできるならしておきたい。
で、迷う。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。