iPhoneも今月二回目の故障

戻ってきたiPhoneで電話をしたのだが、向こうの声は聞こえるのにこっちの声は聞こえないらしい。
あまりにも電話しないから気がつかなかったが。
で、コールセンターに電話して、バックアップからじゃなく新しいiPhoneとして復元しろと言われてやった。
つまり全消しを行った事になると思うが、それでもダメで再度送り返すことになった。
やっぱりうちには放射能が湧いてて、AndroidとiPhoneが壊れやすい環境なんだろうか。
それも今月特に酷いような。



どこぞで、iPhoneを交換すると新品ではなくジャンクが送られてくるって話を聞いたことがある。
つまり、あたしの文鎮化したiPhoneは修理してよその人のところへ行き、
あたしのところへはよその人が壊したiPhoneを修理してよこす。
その際、壊れてないパーツと壊れたパーツがあるから、使えるところだけ集めてジャンクを組み立てると。
その結果、完全な新品に比べて不良の発生率はやたらと高く、
交換して貰う度に別の不具合が発生して、どうせいつまでも完動品は届かないので、
妥協できる物が来た時点であきらめて使うしかないって話だ。
今回、通話がおかしいことに関しても、そりゃよその通話がおかしくて返品したiPhoneを直したつもりか、
もしくはよその別の症状で直したつもりで通話の不良を見落としてたiPhoneだろうということで、
二回目で終わりだと思わず、既に何度でも交換する覚悟が出来た。

少なくとも一回目の交換は、5.01を送って5.0が帰ってきた事からも、修理ではなく交換だと思ってて、
だからこそ一台目にはなかった不具合が二台目に出てるんだって事で納得してるが、
と言う事は一台目は今は向こうがもってて、壊れた原因を探ってたりとかしてると思うんだよ。
それで、もしユーザーに責任があると判断されれば、あとから修理の代金も発生すると思う。
少なくとも一台目はそうで、さらに二台目もあたしが壊したって事になれば、これも料金取られると思う。
しかし電話してる時点では、あちらはユーザーに何の落ち度もない前提で話してくれるので、
なんかもう平謝りみたいな感じがあまりにも低姿勢すぎてこちらが申し訳なくなる感じだった。
どっかのASUSとは天と地の差だったので、もう壊すならAppleに限るなぁってますます思った。
いやわざと壊すつもりはないけど、うちの放射能か何かで今月ボロボロ壊れてるから、
もう何買ってもどうせ壊れるんでしょって気持ちでいるし、同じ壊れるならAppleを壊したい。
電話しながら復元試して、ダメならいちいちコンビニで送らなくてもうちに取りに来るAppleを壊したいよ。
もうASUSを壊したくない。

今回のiPhoneは裏表共に綺麗に気泡なく保護シールが貼れたんだけど、
また次に来るのはシール貼ってない5.0のiPhoneだと思うなぁ。
TF101も、本体は送り返したが別々に買った保護シールとカバーが無駄になった。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。