ストライクルージュIWSP

先日のRGガンダムの件以来、何かにトップコートを吹き付けたい欲求が抑えきれなくなってるが、
肝心の欲しいキットが全くなくて、RGシャアザク待ちも長いし、明日から薬で手が震える予定もあり、
あんまり興味はなかったけどSEEDのMSVからHGのストライクルージュIWSPを買ってきた。
最近のHGUCのようにはプラスチックで色分けされてなくて、塗装しないと完成写真にはほど遠い。
ノーマルのシールドなんか黒のはずなのにプラスチックはピンクって、成型を間違えたのかもしれないな。
あたしの場合は別に機体に思い入れがあるわけじゃないので、
成型色のままこういう機体だと言われたら別に納得出来るレベルだから、別にこれで良いけれども。



あわせてトップコートも買ったのだが、ちょうどつや消しが売り切れみたいで、
光沢も半光沢もあったけどあえて光沢の方を買って吹いてみた。
結構噴射される粒にもムラがあったようで、一発でテカテカになった部位もあるし、
少しずつ重ねて吹いてだんだん良いテカりになった部分もあったが、
とりあえずは、塗装してないのに塗装したかのような質感を出す事に成功はした。
つや消しの方が下手な吹き方をしても失敗が目立たないという点で優れていると感じたが、
このストライクルージュに関しては、機体の大半を占める淡いピンクをテカらせた質感が気に入った。
胸部の赤さも光沢が際立って良い感じ。
IWSP部分に関しては元がグレーなのでつや消しの方が良かったと思う。

スミ入れに関しては、確かにRGガンダムの作業をした時と比べて手が震えてないのでやりやすかった。
やりやすいから上手に出来たかと言えばそうでもなく、よその人から見たらスミ入れじゃなく落書きだろうな。
顔の細い線は拭き取りタイプ筆ペンの方が使いやすかったが、その他は極細ペンの方がスミがよく乗った。
本来なら、塗装はしないまでもスミだけでももっと丁寧にやれば、かなり綺麗に仕上がったと思うが、
雑にやった上に焦ってすぐトップコートしてしまったので、後からの修正ももう効かない。
しょせん修正したところであたしの技術ではそんなに変わらないとあきらめてるから、こんなもんで良いけど。

SEEDはようやく全部見終わったが、最後まであんまり面白くなかった。
ビクトリーやターンエーですら面白がってみたけど、SEEDは趣味が合わなかったようだ。
戦闘シーンの単調さ、人間模様のうさんくささ、講釈タレの無理矢理さ、中二病の種能力、
エンターテインメント性を維持したまま作り手の思想をねじ込むことが出来てないバレバレ感、
子供騙しと言ってしまえばそれまでだが、タイトルがガンダムでなかったら見ないレベルの駄作。
おそらくすぐデステニーに続く予定があり、これで完結じゃないつもりで作ったからってのもあるんだろう。
まだまだ、これから面白くなって貰わなきゃどうしようもないレベルで全然クソ面白くない。
細かいところは文句だらけなんだが、全体で面白くなってくれれば良いわけで、
それが面白くなってくれないのは、細かいところに不満がありすぎるせいかもなぁ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。