抗酸化物質

1780 letters | 720 views | コメントする

奇数の月はプロホを摂取する代わりにフォルスコリンを摂取しないルールにして見たのだが、
あたしにとってのフォルスコリンは便秘解消が主目的になっているので、
やめてみて便秘の具合がどうかって事が一番重要なわけで、実際どうかというと、
まぁ、確かに飲んだ方が調子が良いけれど、だからって必須かというとそうでもない。
cAMPに関する効果も期待してようやく買うレベルで、継続購入するかはまだ迷ってる。



代わりに奇数の月だけ月木土で摂取するエピスタンは、17メチルだから副作用があるはずだが、
今のところマイナス面の体感はないので、肝臓保護関連のサプリを買おうとは思っていない。
でも何となく、気分の問題だけれども、せめてマルチビタミンで抗酸化物質入りを選びたくなっている。
具体的にはシナジーのベーシックだが、コストはTPDを買う場合の2倍くらい。
2倍つっても1日60円くらい、月1800円くらいだ。
プロテインに月1万円くらい使ったらどうかと悩んでるくらいだから、十分安いと思えるレベルだが、
どうしても高ければフォルスコリンをやめればチャラにできるなぁって思ってる。

でも抗酸化物質が本当に必要かっていうと、あたしはそもそも抗酸化関連の話を信じてすらいない。
プロホ限定でも、肝臓で分解されないから肝臓に負担がかかるって言う論法が怪しい。
分解されない物はスルーして負担もないって事になるのが通常の考え方だ。
だのに現実は、分解もされないし負担もあるようなので、何か別の説明が必要になる。
あたしのわずかな知識を基に考えられる現象は一つしかなく、
プロホを分解しようという攻撃がプロホには効かず、逆に自分自身を傷つけていると言うことだけだ。
そういう現象を起こしうるのがフリーラジカルで、対抗策は抗酸化物質の摂取らしい。
その、抗酸化物質摂取がフリーラジカル対抗策として効率的に働くかどうかが疑わしい。
体中が抗酸化物質で満たされてれば、フリーラジカル発生時にすぐ活躍できるだろうけど、
ごくわずかな量を摂取することがどれほどの効果を及ぼすか、全く期待できるレベルとは思えない。

あたしはそもそもマルチビタミン自体不要だと思ってるが、
これさえ飲んでおけば、好きな物だけに偏った食事をしても誰にも文句を言わせない理由になるから、
小食の限りある胃袋になるべくうまい物を入れるために、妥当なサプリとして摂取している。
要するに、ビタミンが欲しくて飲んでるのではなく、パフォーマンスとして飲んで見せてるのだ。
だったら成分なんかどうでもいいんだから安いやつを買えばいいのに、
あえて抗酸化物質が入った高いやつを買うことが、いかに愚かなことかはわかっている。
抗酸化物質自体もあまり信じていない。
しかしどうせいつかは気になって、我慢できず買って見ようと決断するはずだ。
それが今がいいか将来がいいかといったら、プロホを摂取してる今の方がいいかなと。
早めに試してみて、こんなもの意味がないって感じてさっさとやめればいいんだよ。

今のDualtabsは2個しか買ってなくても200日分だから、まだまだあと2ヶ月分くらいはある。
安すぎるサプリって、送料の方が高くなるから、ついつい多く買ってなかなかなくならない。
継続するサプリなら大変結構なことだが、いろいろ試したいうちの一つだと全然うれしくない。
TPDなら60日分なので、まぁ買うとしたら3個か4個買うだろうし、そしたらまたなかなかなくならない。
シナジーは30日分なので、飽きない程度に買ってしかも割高じゃないのは何個かってのも重要。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。