答えがわからないので

1467 letters | 789 views | コメントする

プロテインを買うなら米国産が安いという事で、米国のショップをネットで利用するようになり、
そのせいでショップで売ってる様々なサプリを買ってみたが、結局プロホが桁違いに有効で、
それ以外のサプリも効くかもしれないけど、同じ金を払って桁違いならプロホしか要らないと結論が出た。
たとえ米国の法律改正によってプロホの購入が出来なくなっても、
いまさら他の桁違いに弱いサプリをまた買ってみる気にはならないだろう。
プロホ以外は脱サプリで良い。
また、17メチルのプロホしか入手できなくなった場合も、あたしの場合は脱サプリかな。



そのサプリの定義から外れて、プロテインだけはおやつとしてガシガシ飲むつもりでいるが、
いつどれだけ飲めばいいのかの話が諸説ありすぎて、どれが答えかわからん。
一応、トレーニング直後がいちばんプロテインを欲していて、そのタイミングでホエイを飲めってのが一般的。
しかし、いかに消化が速いホエイでも、タイミングを逸しないためにはトレーニング前じゃないとダメだとか、
そのタイミングではアミノ酸の方がよいとかってのも良く聞く。
そんなにタイミングを計って飲まなきゃ、飲んだ分を有効活用できないのかよと。
一日に何グラム飲めとかって言う話も聞くが、量を飲んでも利用されない時間帯があるなら無駄じゃん。
良い時間を狙ってホエイを飲むのと、消化の遅いプロテインをテキトーに飲むのとどっちが良いんだろうか。

なにしろ、消化が速すぎると長時間効かないからって、わざと消化が遅いプロテインまで売られている。
それほどまでに、ホエイは効いてる時間が短いわけで、
一日何度も飲めってことなら一回分を減らしてチビチビいくしかないんだろうか。
一日中、チビチビプロテインをなめてるくらいなら、持続性のプロテインを朝晩飲むだけの方がいい。

そういうわけで、最近はホエイの存在価値を非常に疑っている。
良い時間を狙って飲まなきゃいけないにしても、それ以外の時間を補う持続性プロテインが別個必要だ。
だったら、今まではホエイが基本だと思って飲んできたが、持続性プロテインが基本で、
応用として、トレーニング直後を狙ってホエイを追加するという考えに改めた方が良いだろう。

持続性プロテインは、持続のために食物繊維などが混ぜてあり、タンパク質含有率が低いことと、
持続するんだから一気にたくさん摂れってことで、一回分の分量がホエイより多く設定されている。
買ったことがないのでわからないが、デカいスプーンがついてくるのかもしれない。
今までより多く飲むことになれば出費が増えるが、
今までも本当は日に何度も飲まなきゃいけなかったのに、ケチって二回しか飲んでなかったと思えば、
ホエイで飲む回数を増やすつもりで、持続性プロテインで量を増やす方がマシだろう。

プロテインの答えはわからないので、どうするのが自分にあってるか、自分でこじつけて答えを出すしかない。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。