プロホ祭り

1347 letters | 838 views | コメントする

米国の多くのサイトでプロホルモンの販売をやめたようだが、今まさに在庫処分中の店もある。
リロードするたびに価格が下がっていき、安すぎて欲しくなっちゃうあたりで売り切れる。
まぁ、あたしの場合は肝臓の問題があるので、いくら安くなっても買える選択肢は少ないのだが。
で、売り切れて残念がっていると、次にリロードしたときはまた別の商品が安い。
さっき残念だった人が今度は買えるぞって事で、ついつい飛びついちゃうことだろう。
まぁ、あたしの場合は肝臓の問題があるので、飛びつける商品も少ないのだが。
先日は安ければ買ってみたいDecavol UTTが、普段40ドル以上するのに15ドルまで下がっていたな。
オフィシャルサイトでは60ドルだから、ちょっと決断が早ければメチャクチャ安く買えたのにな。
20ドルの時に買っておけばよかったか。



いつまでに売り切るつもりでやってるのか、どうして売るのをやめなきゃいけないのか、
今が本当に最後のチャンスなのか、と言う事情が全然わからないでいる。
ひょっとしたら米国で今後、プロホみたいな物が違法になるのかも知れない。
ホットロックスも、プロホじゃないけどプロホみたいだからって事でなくなってるのかもね。
ただ、ホットロックスも1androも公式サイトではまだ普通に売っているわけで、
違法だったら公式サイトこそまず先に引っ込めて事情を説明するはずだし、どうも意味がわからない。
安ければチャンスだから買って良いけど、高くても駆け込みで買いだめすべきなんだろうか。

先週駆け込みで買った1androは発送済みのメールが来たが、やはり追跡なしだった。
多くのサイトで販売をやめているのに、そこのサイトはまだ動きがなくて、
単に更新も対応も鈍いサイトじゃないかとか、本当に在庫があるのかとか発送されるかとか不安だったが、
追跡なしとはいえ、発送メールが来たってことは在庫はあったわけだな。
あって、しかもまだ売るなら、もう一回は駆け込みで買えるんだろうけど、
本当に駆け込まなきゃいけない時期なのかがわからなくて様子を見ている。
もしそこのサイトが突如販売をやめて、これ以上入手できなくても満足なほどには買っておいたが。
体ってのは常に変化し続けるので、あんまり将来の分まで買ってもいらなくなるかも知れないしね。
高くても絶対必要なら高いところからでも買うし。

日本で違法になっていない限りは、たとえ米国の事情がどう変わろうが、入手は出来ると思う。
需要があって、しかも供給が絶たれたら、そこに別の供給源が必ず生まれる。
今は安いと言う祭りであり、高くても買いだめしておくような祭りではないと思うよ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。