糖尿病の手前

1657 letters | 746 views | コメントする

食事で摂取した糖分はとりあえず肝臓に蓄えられるが、
満タンで蓄えきれなくなると、より貯蔵しやすい脂肪に変えられて脂肪肝になる。
って、ガッテンでやってた。
すなわち、あたしはずっと自分の脂肪肝を気にしてきたけれども、
これって糖尿病にならないために肝臓が頑張って守ってくれた結果だったわけで、
運動不足の生活を続けていれば、いつか肝臓がギブアップして一気に糖尿病になるんだな。
非常に心当たりがある話だ。



体には恒常性があり、糖尿病にもならないように耐える仕組みが備わっていて、
体が頑張って耐えてるから健康なのか、それとも頑張る必要もなく健康なのかは大きな差だ。
しかし肝臓は沈黙の臓器であり、脂肪が貯まっていても自覚症状はなく、
検査でもしないと自分の不健康に気がつかない。
それどころか、検査しても気がつきにくいって言うんだから大変なことだ。
別に肝臓に限った事じゃなく、体を正常に保とうとする機能が働いて健康なのか、
そう言う機能に頼らずとも元々健康なのか、そのどっちなのかを自覚するのは難しい。
もしかしたら、今日なんともない場所が実はギリギリ頑張ってて、明日いきなり壊れるかも知れない。
明日死ぬのに今日は健康を感じているかも知れない。
だから、今日大丈夫だっていう感覚をあまり参考にするわけにはいかない。

しばらく検査してないが、少なくとも去年は脂肪肝だった。
筋トレの習慣は付いたと言っても、本格的にやってる人に比べたら遊びみたいな物だ。
だから今年もまだ脂肪肝かもしれないし、少しでも改善していて欲しいが、逆に悪くなってるかもしれない。
小食で酒も嫌いなのに脂肪が貯まるんだからよっぽどの運動不足だが、増やせる余地はない。
ダラダラ長時間で有酸素運動をやった方が良いのだが、出来ないからキリッと短時間で筋トレしている。
肝臓のことを考えるほど、早くたくさん筋肉を成長させたくてあせる。
よその人みたいに、モテたいとかスポーツに勝ちたいとかじゃなく、命の防波堤として筋トレしている。
やめたら死ぬ。
あたしが求めるのは、見た目の格好良さやパワーより優先して、血液検査の数値改善だ。
肝臓と血糖と血圧と、ともかく生活習慣病の全てとの戦いだ。
ひいては生きるためのリハビリだ。

肝臓のために筋トレしてるんだから肝臓に悪いサプリメントは論外で、
いかに早く筋肉を成長させたくても、17番メチル化されたアンドロゲンには手を出せないが、
それ以外のアンドロゲンならいくらでも試してみるつもり。
1androはイマイチ効いてないかもしれないが、理論上は一番効くはずだと信じて続けるつもり。
他の舌下吸収タイプの物も惜しみなく買って試したいが、
テストステロンに変化する物は自己生産力を低下させるとかいうから面倒くさいし、
色々買うと絶対チャンポンしちゃう性格なので、過剰摂取の懸念があって迷っている。

男性ホルモンで筋肉が付きやすく脂肪が付きにくくなるなら、
たとえ筋トレしてなくても、あたしには脂肪肝の治療薬に見えるので、
例えばハゲたり乳首が大きくなったりする副作用のあるステロイドでも使う覚悟はあるが、
肝臓に悪くないやつに限定しようとすると結局使える物ってあまりない。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。