エムワン

1609 letters | 760 views | コメントする

二年連続、M-1は嫁の実家で見る事になった。
去年は出場者が発表になったとき、誰も好きな人がいなくてガッカリしたのを覚えている。
まぁ、一度優勝した面白い人は出場してないわけだから、あとは面白くない人しか残らなくて当然だわな。
本来これは、面白い人の中から一番面白い人を決めるから価値があるのであって、
こんな面白くない集団の中から一番面白い人を決めたところで、
それはただの「面白くないわけでもない人」で終わりだろ。
だから、去年はサンドウィッチマンが敗者復活で名前を呼ばれたとき、こいつらしか見たくないと思った。
エンタで何度か見て知ってたが、去年はサンドウィッチマンより面白い人は出てなかった。
なんでこいつらが落とされてるのに面白くない連中が残ってるのかと憤慨した。
で、結局サンドウィッチマンは優勝したけれども、敗者復活からの優勝がすごいのではなく、
面白くない連中に一度負けている事の方がよっぽどミラクルだったのだよ。
彼らの優勝は当然だ。



で、今年の話だが、去年面白くないという評価を受けた連中が、なんで今年も堂々と出場してるのか。
勝ち抜けじゃねーんだよ。
笑い飯とかキングコングとか、常連だから面白いとか惜しいとか勘違いしてるかも知れない。
でも本当は惜しくも何ともない。
もし面白いやつが出場してれば彼らは絶対勝てない。
消去法で残ってる人が優勝したらなんにも価値ないんだよ。
去年はサンドウィッチマンしか面白くなかったし、去年面白くなかった連中が今年急に面白いわけがない。

そもそも審査員がコロコロ変わる訳でもないんだから、限られた人間の笑いのツボは変わらないよ。
去年の審査員があまり面白くないと評価したのに、今年同じ人が面白いと評価するわけがない。
M-1における面白いかどうかは、伸助やマッチャンやつんく♂似にとって面白いかどうかであって、
彼らの好みは引退まで変わるわけないんだから、ダメなら何度出てもダメに決まってるっつーの。

あたしは本当にたまたま、幸福な事にM-1の審査員とは笑いのツボが重なってて、
審査員が選ぶ面白い人は決勝でもう一度見る事が出来るし、優勝した人を面白いと評価できる。
審査員と気があわない人は不幸にも、好きな人が落ちて、面白くない人が優勝してるのだろう。
好みがあわない人はその辺をグチってたりするんだろうな。
あたしはキングオブコントと全く好みが合わず、バッファローは評価できないが、それと同じだ。
あたしが見たいようなコントはキングオブコントでは勝てない。
同様に、審査員の趣味に合わない漫才はM-1に何度出ても絶対勝てないし無駄だ。
そして、その審査員と好みがバッチリ合うあたしがみて、決勝三組以外は面白くなかったから、
来年からは出ないで欲しい。
まぁ、M-1のために相方を変えるとか、新しいスタイルを作ってくるならまだ希望はあるが。
面白くないって言われたスタイルのままで、面白くなりましたってもう一回来るってどういうこっちゃ。

それともあれは芸風か?
M-1で負けてリアクションする芸なのか?
キングコングや笑い飯が好きな人は、M-1で負けるという芸が面白くて見てるのか?

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。