Vista沈没

899 letters | 762 views | コメントする

Windows Updateで酷い目にあった。



そもそもVistaは起動も終了も遅くて、まぁ時間はのんびり待ってやる余裕があるけれども、
その待ってる間ずーっと、ハードディスクにガリガリとアクセスしてるので、機械を壊しそうで不安になる。
通常時の起動と終了でさえモタモタするのに、オンラインで自動更新がされた時はさらに待たされる。
それはいつものことだ。
今すぐ使いたいって時になかなか起動せず、終了を選択してもいつ終わるかわからない。
あたしは普段はXPを使っているので大丈夫だが、Vistaメインだと相当なストレスであろう。
今回も、久しぶりに自動更新を受け入れてやろうと思って、そのためだけにVistaを起動した。

で、一時間くらいかけて、2回再起動して、更新失敗で10個くらいインストールされてないのがある。
その10個くらいをもう一度入れ直そうと、さらに1時間かけて、やっぱり失敗する。
合計2時間くらいパソコンが使えない状態が続いたのに、何も解決はされなかった。

これってもう使えないのか?

あたしは実用面でXPを選択しつつも、道楽でVistaも導入して、
いつかVistaがXPと同じくらい使い物になる日が来るまで、長い目で待ってあげていたつもりが、
使い物になる日よりも、使えなくなるピンチがこうして何度か訪れている。
認証関係もその一つだったし、FTPのトラブル、ソフト互換性の問題は一体どうする気だと。
メーカー製PCでもトラブルが多ければVistaを扱う事は難しくなると思うのだが。

Vistaはいわばまだ未完成のOSだ。
もうすぐXPのパソコンは買えなくなるのだが、Vistaの完成までつなぐ気はないのだろうな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。