Delphi2007のDM

1490 letters | 798 views | コメントする

BDSじゃなくてDelphiの2007ということで振込用紙が来た。
しかも、for Win32と書いてあるから、C#やC++だけでなく、Delphi .NETも削除された版だな。
さぞかし安売りしてるのかと思ったら、いつも通り31,500円(税込)という破廉恥さ。



2K、XP、Vista向けのアプリケーションを作成するとか書いてあるけど、
中身は95/98向けに最適化された物を引きずっているわけで、
英語版Windowsで英語圏の人が使う分にはそれでも問題は起こりにくいだろうけど、
日本語版Windowsではちょっとくらい難しい漢字を使っても問題が起こってしまう。
文字入力を一切せず、ファイル選択ダイアログも使わないアプリぐらいで、
しかもそのアプリを動作させるフォルダとその親フォルダの類まですべてロケールの文字を使う場合と、
限定しなければ2K以降でマトモに動作しないアプリを作成するくせに、何を書いているんだか。
ひょっとしたら2K以降向けに全て書き直したのかと期待してしまったではないか。

うちの2006は既に自動で認証できる回数をオーバーしたらしく、
手動で認証するには平日の昼間にパソコン起動して電話連絡するという事を要求してるから、
まっとうな方法での認証は既に不可能となっている。
いろんなOSでの動作検証が求められる、開発ツールに認証を入れたことに納得がいかないが、
これからもユーザーであり続けるなら、2007を買って認証するしかない。

DelphiのDMと一緒に、Delphi for PHP英語版なるものも紹介されている。
DelphiのIDEを使いやすいと思っている人で、PHP開発もするっていう人向けなんだろうな。
バグだらけで挙動不審で落ちまくりのDelphiの名を冠したPHP開発ツールに金払う気は一切ない。
すでにPHP+DBでサイト作ったりしてるけれども、Delphi系でそれをやるくらいならテキストエディタでやる。
あたしがDelphiを使うのは、容易な画面デザインができないツールじゃ画面デザインが手抜きになるから。
「こう配置するよりこう配置した方がわかりやすいんじゃないか?」とかやれるのがDelphiだけだから。
他に良い物が生まれれば、使いにくい上に内部が95/98向けアプリを生産するDelphiはすぐやめる。
だからPHPもDelphiという選択は今のところ考えられない。

しかし.NETもVistaもコケまくった今、Delphiしかないのが実情なわけで、2007も買うしかない。
今のところ遊びはゲームで忙しいので、Delphiを十分に遊べる自信がないから先送りか。

Ansi前提部分を完全撤廃し、2K以降専用APIを標準装備したDelphiはまだ出ないのか。
それとももう、過去アプリをメンテナンスする専用ツールと割り切り、
新しいアプリはDelphiで作らないでくださいとアピールしているのか。

でも当然買うだろうな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。