B2F進入

1641 letters | 658 views | コメントする

世界樹の迷宮という名前から、でっかい木をくりぬいたヤツを想像し、てっきり上るものと思った。
やってみると、入った時点でB1Fだったので、すぐに下るものと理解した。
そのB1Fのマップをあらかた埋め、いくつか進入できないポイントは後回しにし、
やっとこさB2Fに降りる頃には、厳しかったB1Fの敵たちも安全なザコになっている。
しかしB2Fに降りてすぐ、満タンのソードマンがたったの一撃で殺され、泣いて帰る事になる。
一発即死じゃ防ぎようがないからどうしようかと、ちょっと考えてすぐ解決。
やられる前にやっちゃえばいいわけで、武器スキル全開で危険なヤツは先に狙う。
そうなると、追加効果狙いのダークハンターの地位が危うい。
B2Fには小ボス的な奴らもうろついていたので、一発では死なないパラディン復活。
でも今思えば、ボスほど追加効果で倒すべきだったか。
なんかあまり効率的に進んでいないけれども、それでも命からがら楽しくゲーム進行中。
前評判であんまり「全滅」って聞き過ぎたが、序盤だからか全滅するほど危険ではない。



ソードマン:
意外にHPが伸びずよく死ぬのは、ダブルアタック狙いでポイント振ってるから。
二回攻撃を頻繁に発動してキラーマシンになってくれるのはだいぶ後になるだろうが。
パラディン:
防御することに魅力を感じないため、レベル上がってもポイント振り分けたいスキルがない。
仕方なくテキトーにを振り分けても、それなりに死ににくいキャラになってて助かる。
前衛が少ないほど、守備が強いキャラは重宝するようだ。
レンジャー:
トラップ的な物がないので盗人は不要だなと、一度は外そうかと悩んだのだが、
先制攻撃の恩恵もあるし伐採・採掘・採取の担い手もしなきゃ行けないし、重要なキャラになる。
宿代にも困る金欠なのでもう一人欲しいくらいだ。
メディック:
低コストで回復する系のスキルはあきらめてでも、絶対必要な回復スキルから振り分けたい。
FF2のエスナを思い出させる総合状態回復のうちの、最初に使えるのは盲目回復らしい。
アルケミスト:
帰還の術式狙いで振り分け中だが、その上で各属性の術式をマスターするのは大変そう。
かといって1系統しか使えないのも不安だから、炎と氷に絞ってみようかと。

何人かはレベル10になり、徐々に医療費の負担が大きくなってきているため、
潜ったらそのたびにある程度戦って、おみやげいっぱい貰って来ないと赤字になる。
途中中断がないため、おみやげをためるだけの時間がある時しか潜れないな。
そこらの獣どもを倒しても一切のお金が入手できないという、理にかなったシステムだ。
レンジャーには戦利品を多く貰うためのスキルがないってのも納得できる。

結局公式おすすめパーティーで歩くことになってしまっている。

B000HQUP5M
B000HQUP5M

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。