興毅の不正

2056 letters | 647 views | コメントする

前回はハッキリわかる大敗だったが、今回はハッキリわかる大勝だった。
全く疑惑の余地などない、前回の明確な八百長から、明確な判定勝ちに転じた。
おそらく、前回の八百長に不満だった人は、今回はケチ付けられなくてまた不満だろう。



前回と違ってダウンもフラフラのクリンチもないから、
本当にそれほどの差がついているのかわからない人もいるだろうが、
パンチが見えない人は本人達の表情を見れば流れもわかるはず。
序盤はどっちもパンチ当たらず五分五分から、中盤以降で興毅がペースを掴みきり、
ランダエタもこのままじゃ判定で負けるとわかって、あせってあせってはまりまくりだ。
昨日はよそで見ていたので、今どうなったとかってよその人に解説して、
ランダエタがイライラし始めた時点でもう完全勝利で勝負ついたねとか言っていた。

前回あれほど実力差があったのにだませるつもりでいるのか。
短期間のトレーニングや調子の善し悪しで逆転するほど、世界の頂点は低いと言いたいのか。
好意的に見て、前回は減量の失敗で調子が悪かったという事にしておきたいのだろう。
が、それだと興毅が上手くなってなきゃいけない。
あきらかに下手なまま。
どれほど悪役っぽい印象の人でも、外人と比べたらキレイなボクシングをやるのが日本人。
辰吉もラバナレスと比べたら金持ちのボンボンに見えほど優雅なボクシングをしていた。
意識してということではないだろうが、日本人はいわゆる上手いボクシングが得意だ。
しかし亀田だけはクソ親父のせいか上手いボクシングが出来ない。
KOするって言うなら上手くなくてもあれでいけるんだろうが、それも出来ない。
判定で納得させる試合をするなら上手いボクシングの練習が必要なんじゃないか。
でもあきらかに下手なまま。
何あの連打?コンビネーションとムチャクチャは全然別物だぞ。
興毅は上手くなってないが、むしろランダエタの劣化が目立つ。
ランダエタは本気で戦っていたし、思い通りに行かないいらつきが出ていたことから、
わざと負けるつもりではなかったのは間違いない。
つまり、この八百長物語にランダエタは関与していない。
金で二回も釣られた噛ませ犬だったことはハッキリした。

たとえ前回の試合がナシで、いきなり今回の試合をしていたとしても、
よっぽど弱い外人を見つけてきたとか、あんなレベルでチャンピオンかと、
やっぱりブーイングは起こっていたはずだ。
しかし別に、日本人を避けて弱い外人としか戦わなくてもいいじゃないか。
やってる本人たちが本気で戦いさえすれば、マッチメークに疑惑があっても構わない。
ボクシングはそういう勝敗を金で買うスポーツだとわかっただけでもいいじゃないか。
前回のように、勝負を否定するようなジャッジだけは許せないが、
噛ませ犬に大金払ってイベントを盛り上げるのはボクシングの伝統だから別にいいよ。
興毅のボクシングはあきらかに不正であり、本気で見る物じゃないけど、楽しいからいいよ。
不正を行わなければここまでこれなかったんだから、これからやる物も全部不正だが、
ちゃんと盛り上げて台本通りにやってくれたらそれでいいよ。
わからないようにやってくれ。

プロレスだってぶっちゃけ不正だけど、そういうショーだと暗黙の了解がある。
ボクシングだってこれからは不正アリのショーとして受け入れられるって。
そのうち試合中に毒霧吐いたりサーベルで突いてもいいルールに改正される。
素直に興毅を受け入れよう。
純粋に競技を楽しむならアマチュアだねっていう事で良いじゃん。
逆にプロの世界に純粋なスポーツの勝負を持ち込む方が悪い。

今のままでいいよ。

追記:

鬼塚に圧力でもかかったか?あきらかに不自然な擁護発言が逆に八百長を浮きだたせる。
ボクサーは基本的にバカだから、演技して隠すとかって無理なんだよね。
ボクサーではなくボクシング好きの頭のいい人とかに話させた方がバレないよ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。