パチンコについて

1740 letters | 498 views | コメントする

学生時代、親しい友人二人、面識ある程度の友人一人、計三人がスロットで生計を立てていた。
勝つ確率は誰がやっても似たような物だが、勝つ金額を上げることが出来るそうで、
一回の勝ちにつき儲かる金額が上がれば、トータルで勝つことになるという話だった。
しかしそれをやるには、仕事とかしないで毎日パチンコ屋に行かなきゃ継続できないんだって。
普通にギャンブルやってると、やればやるほど少しずつマイナスになるのが当然だが、
どんどんプラスにしていく方法は確実に存在していてらしい。
確かにそういう方法でみんなが稼ぎ始めたらパチンコ屋は経営していけないわけだが、
逆に、そういう抜け道を用意しないとパチンコは損するだけのギャンブルだと思われちゃうから、
実際にこれでメシ食ってる人はたくさんいて、そのくらい勝つこともありますよと、
そのくらい上手くなるように、最初は損するかも知れないけどガンバレよと、
そういうアピール作戦をやっているから、パチプロも生きていけるのだ。
ま、あえてパチンコ屋はパチプロを養っているって事だね。



友人らは夏休みなどの長期休暇で集中的に稼いで、大学の学費を払ったり、
母親に小遣いを上げたり、カマロ(外車)を買ったりと、みんな普通じゃない稼ぎ方をしていた。
そして、そういうことが出来るのは、ギャンブルとして楽しむ気持ちは捨て、
夏休みという自由な時間を全て費やして、単純作業を繰り返すからであり、
普通にゲームとしてやってる人は絶対損するし、その額も大きいという話だった。

パチプロは本当に羽振りがいいわけだが、そいつらがいることで素人も夢を見れる。
しかし、素人はいくらがんばっても自由時間が足りなくてギャンブルで終わってしまう。
仕事を辞めてまで自由時間を作る人は少ないので、パチンコ屋が丸儲け。
という図式を、実際につらそうにパチンコ屋に行って羽振りのいい友人を見て納得した。

もしプラスになる方法がないなら、マイナスでもギャンブルとして楽しめるだろう。
しかしプラスになる方法があるとわかっているのに、マイナスになる勝負は出来ない。
だからたぶん、パチンコをギャンブルとして楽しむことは永久にないだろう。

そんなあたしも含めて、パチンコをやらない人にとっては最近特に不愉快な事が多い。
あ、○○懐かしス↑↑なんだパチンコかよ↓↓
昔好きだった物とかが、どんどんパチンコのテーマになっていて、
なんか、人気のテレビ番組をテーマに作ったファミコンのクソゲーはよく売れるのと同じ状態だ。
でもそれ、バクチだから面白いんでしょ。
金がかかってなきゃすぐ飽きちゃうんでしょ。
ま、一切やらない自分が言っても、実態とはかけ離れてるかも知れないがね。
ともかく、せっかく好きだった物がパチンコなんぞに名前貸すと幻滅する。
そしてその攻略本とかがでてると、間違って手にとってさらに幻滅する。
だからもうパチンコなんかなくなって欲しい。

パチンコは稼ぎ方が存在し、それ以外の方法はギャンブルではなく損だと知って欲しい。
どっちにしろ頭の悪いやつは継続的に勝てないということも知って欲しい。
バカはパチンコでも負ける。
負ければ負けるほどバカ。
あたしも含めて、自分でバカだと自覚してる人は絶対やっちゃいけない。
自覚してないバカはパチンコより医者に行け。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。