物好きねぇ

1676 letters | 632 views | コメントする

おそらくマジコンなんてのは、ゲームをタダで遊ぼうなどと雑誌等でそそのかされ、
どれを買えば一番簡単に安くできるのかの情報ぐらいは多少なりとも調べ、
最終的に一番無難な物を一つ買って、それが壊れるかゲームに飽きるまでそれで十分だろう。
複数買う人って、壊れたか、判断を誤った人の買い直し程度だと思っていた。
しかしそういう一般人とは別コースで、やっぱり物好き層がいるんだな。



Ninjapass X9TFって、情報ない人にはそれが何なのかもわからないだろうが、
情報ある人なら他のマジコンに比べて何かと悪い物であることがわかるはずだ。
最初は、どこかの誰かが嘘の情報を流して、初心者に余計な物を売りつけてるのかと思った。
しかし、そういった偽情報にだまされてないあたしが買ったのは、単に物好きだからであって、
きっと、他の人も物好きだから買ってるんだろうということで納得することにした。

つまりマジコンとかで遊んでる人も二極化していて、ゲームしたい人はSuperCardとか買い、
それとは別にマジコン自体に魅力を感じて買ってみようとする物好き層が予想外に多く、
わかっちゃいるのに中国のショップであえて予約して買ってみたり、
日本語がしっかりしてなさそうだからこそあえて今のうちに買ってみたり、
そういう人たちが確実にいるんだな。
あたしゃ全然特別じゃなくて、面白そうだからってX9とAceKardと両方買った人がいっぱいいる。

日本語対応してる機械もあるのに、日本語対応してないこの二つが売れる方がおかしい。
しかし、日本国内では予約殺到で、大手ショップでも入荷予約待ち状態だ。
AceKardは次回入荷のめども立ってないし、X9は次の次の入荷待ち状態。
こんな物をゲームがしたいだけの人が買いたいはずがないわけで、
殺到してるということはそれほどまでに、ゲームよりマジコンに興味を持った人が多いんだ。

マジコンを三つも買っちゃった理由を嫁に説明する際、バイクの話を例えに出した。
バイクを三つ持ってても一度に乗れるのは一つだし、
同じ目的地に行くのにどのバイクで行って一緒なのに、それでもバイクを複数買うやつがいる。
それと一緒の発想で、たかが数千円のオモチャでバイクより安く楽しんでるよと。

ところが、それだけ物好きなのに、AceKardを買っちゃってもう他に要らなくなってしまった。
こいつは扱うのが面倒ではあるが、ゲームの動作が完璧すぎる。
いったん扱いを覚えてしまったら、これさえあれば全部こなしちゃう物になってしまう。
初心者にお勧めできない面倒くささだし、マジコン好きは買ったらおしまいになる物だし、
こんなの出たらダメだろ。

ちなみにX9でフリーズ多発のドラキュラは、フリーズさせないのもゲームの一環で、
ボス戦で回復アイテム使うくらいなら死んで覚えて上手くなろうという気が満々だったが、
AceKardではフリーズしないので、ショップで回復アイテム買いまくってしまってる。
もうボス戦を覚えきって切り抜けようなどという根性はない。
ポケモンは主人公に名前を付けて保存出来ることを確認して即削除で、一切遊ばなかった。

もうマジコンが面白いとかなんとかの話題は、AceKard入手でおしまいだな。
それともこれをなかったことにして、X9の応援に戻ろうか。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。